これまでにない、挑戦を。

ホワイトボードアニメーション・手書き動画・手描き動画の作り方とメリット及び効果

アニメーション動画は、企業にとって非常に有効なマーケティングツールです。

 

なぜならアニメーションは視聴者を引きつけ、注目を集め、メッセージを伝える素晴らしい方法だからです。

 

ホワイトボードアニメーションは、ホワイトボードやホワイトボードのように見えるものに絵や文字を描いていくものであり、その点において通常のアニメーション動画とは異なります。

 

Hertfordshire大学のリチャード・ワイズマン博士の調査によれば、ホワイトボードアニメーションは従来の人間が話す動画に比べて、平均視聴率を15%向上させ、共有する意欲を66%向上させることが証明されています。

 

そのため、多くの企業がマーケティング戦略の重要なツールとして採用し始めているのは不思議なことではありません。

 

この記事では、ホワイトボードアニメーション・手書き動画・手描き動画についてのメリットと制作方法についてお伝えしていきます。

 

 

ホワイトボードアニメーションのメリット

 

whiteboardanimationmerit1

 

ホワイトボードアニメーションの利点は、以下のように多く存在します。

 

・製品デモ、サービス説明動画、教育動画などの様々な動画に用いることができる。

 

・多くの場合シンプルな構成のため、脳が処理するために必要な労力が軽減されるため、視聴者が動画の内容をはっきりと理解できる。

 

・視聴者が異なる年齢・性別・国・言語であっても、認識可能な記号と一般知識に基づくビジュアルの力により理解することができる。

 

・LimorShifman教授の調査によれば、人々は遊び心、満足感のような深い感情を引き起こす動画を共有する傾向があり、ホワイトボードアニメーションは共有の促進を促す。

 

・タイトな予算の企業にとって、安価に制作できるホワイトボードアニメーションは大きな助けとなる。

 

・アニメーションの視覚的表現の広さ・深さにより、製品・サービスの高い魅力を引き出し、魅力的かつ効果的な動画を制作することが可能。

 

 

このように多くのメリットがあるため、様々な企業がホワイトボードアニメーションをマーケティングに取り入れはじめています。

 

 

【ホワイトボードアニメーションのメリット紹介動画】

 

 

 

 

ホワイトボードアニメーションが効果的な3ケース

 

whiteboardanimationmerit2

 

 

 

ケース1:製品・サービスが複雑な場合

 

世界の人々は何世紀にも渡って、ホワイトボードに類似したものを使用して講義やプレゼンテーションを行ってきました。

 

したがって、ホワイトボードアニメーションがマーケティング分野で効果的なのは偶然ではなく、複雑な概念やアイディアを説明することにとても優れています。

 

ホワイトボードアニメーションの動画は普通の動画に比べて、記憶保持率が15%向上し、ソーシャルメディアでの共有は3倍高くなり、販売の増加が2倍になるという調査結果があります。

 

それは視聴者が動画を長時間見ていることに気づかないことが多く、動画での説明時間を引き延ばし、丁寧な説明が可能であることが理由の一つです。

 

 

 

ケース2:顧客とのエンゲージメントを向上させたい場合

 

すべての人間の脳には、鏡のニューロンがあります。

 

オーディエンスは描かれている動画を見ると、その過程に関わり、自分自身が作成したかのように感じ、脳がドーパミンを放出します。

 

その結果、企業に対する共感性・信頼性を高めるだけでなく、潜在顧客を顕在顧客に引き上げることが可能です。

 

 

 

ケース3:既存のコンテンツの再構築

 

ホワイトボードアニメーションは、オーディエンスを行動に導くための効果的なツールです。

 

たとえば、

 

・顧客の印象的な成功事例を描く

 

・これまで人気のあるブログやSNSの投稿をホワイトボードアニメーションで要約する

 

・ハウツー動画をアニメーション化する

 

このようなコンテンツにすることで、これまでと違う角度からの訴求が可能となります。

 

結果として、ブランディングの構築や顧客獲得につながります。

 

 

【ホワイトボードアニメーションが効果的な3つのケース紹介動画】

 

 

 

 

ホワイトボードアニメーションの制作方法

 

whiteboardanimationconstruction

 

それでは、ホワイトボードアニメーションの作り方を説明していきます。

 

制作方法は、全部で7ステップに分けられます。

 

 

 

ステップ1:制作スタイルの決定

 

styledecision

 

ホワイトボードアニメーションの制作方法には、以下の2つがあります。

 

 

①自分の手で描く

 

 

 

②ツールを使用して描く

 

 

 

ホワイトボードアニメーションの制作は、上記の2通りがあります。

 

ツールを使用した方が洗練された見た目になります。

 

またイラストを描くのが苦手であったり、字があまりキレイでない方にはツールを使用した制作がおすすめです。

 

 

この記事においては、ツールを使用して制作する方法をお伝えしていきます。

 

 

 

ステップ2:必要なツールをそろえる

 

whiteboardanimationtool

 

ホワイトボードアニメーションの制作にあたっては、最低限以下のツールを揃える必要があります。

 

 

 

①ホワイトボードアニメーション制作ツール

 

残念ながら、国産の制作ツールはありません。

 

海外の制作ツールを使用する必要があります。

 

代表的なツールは、以下の3つです。

 

 

1:VideoScribe

 

videoscribe

 

29$/月で利用可能です。

 

最も多くの企業に愛されている制作ツールの一つです。

 

videoScribeを利用した制作事例は、以下になります。

 

 

 

2:PowToons

 

powtoons

 

無料でも使用できますが、ブランドマークを消し、フルHDにするためには$16/月の利用料が必要です。

 

powToonsは、巨大なリソースライブラリと選択可能な動画テンプレートを備えた広く使用されているツールの一つです。

 

インターフェースは、非常に単純で使いやすいのが特徴です。

 

powToonsを利用した制作事例は、以下になります。

 

 

 

3:Animaker

 

animaker

 

$16/月から利用できます。

 

インターフェースはPowToonsと非常によく似ており、使いやすいといえます。

 

Animakerを利用した制作事例は、以下になります。

 

 

ツールを使用して制作する場合の注意点は、次のようになります。

 

・情報のほとんどが英語であるため、英語のヒアリング・リーディング力がある程度必要。

 

・日本語対応していないツールもある。

 

・日本語対応していても、正しい書き順と違う場合がある。

 

なお日本語対応していないツールにおいては、数字とイラストの部分のみ手で描き、日本語の部分は挿入する形をとります。

 

 

 

②ベクターイメージ編集ソフトウェア(illustratorなど)

 

Adobe_Illustrator_CC

 

日本語対応していないツールを使用する場合は、必須となります。

 

illustratorなどで日本語を打ち込み、pngやjpgで書き出します。

 

svgで書き出すことも可能ですが、表示がブレることが多いためあまりオススメの方法ではありません。

 

 

 

③SVG変換ツール

 

svg-file

 

pngなどで書き出した画像を、svgに変換するために利用します。

 

オススメのツールは、「Vector Magic」です。

 

 

 

④動画編集ソフト(Premireproなど)

 

premirepro

 

Premireproなどの動画編集ソフトは、不要な部分をカットする際に使用します。

 

また、ナレーションをつける際にも必要です。

 

 

 

⑤素材

 

イラストなどのSVGの素材を自分で制作することも可能ですが、時間がかかるため購入することをおすすめします。

 

以下が、オススメのサイトになります。

 

・flaticon

 

・icons8

 

・shutterstock

 

 

 

ステップ3:スクリプトを書く

 

scriptwrite

 

どのようなタイプの動画を作り、誰に向けて・誰のために動画を制作するのでしょうか?

 

自己都合の何となく制作した動画では、誰にも響かず、共有されることはありません。

 

動画の種類においては、以下のようなものがあります。

 

・デモ動画

 

・企業説明動画

 

・サービス説明動画

 

・ハウツー動画

 

・ケースステディ

 

まずは、どのような動画を制作するのか明確にすることが不可欠です。

 

なぜなら、動画に多くの内容を詰め込みすぎると、動画が長くなり、伝えるべき焦点が分散してしまうからです。

 

Insiviaによれば、約2/3の消費者が60秒未満の動画を好みます。

 

AdAgeの調査では、視聴者の30%が30秒後、45%が1分後、60%が2分後に動画の視聴をやめることがわかっています。

 

動画は90秒以内が好ましい場合が多く、伝える焦点を1つに絞ることが重要です。

 

 

また、ターゲットの属性により訴求ポイントや使用する素材なども異なってきます。

 

・誰のための動画なのか?

 

・ターゲットは動画のどのような点に関心を持ち視聴するのか?

 

・ターゲットはどのような状況にあるのか?

 

・ターゲットが動画を視聴することで得られるメリットは何か?

 

・ターゲットはどのメディアで動画に接するのか?

 

これらの質問に対して明確に回答できるようにしておくことが必要です。

 

対象がボヤけたままスクリプトを書いても、よほど運が良くない限り誰にも刺さりません。

 

 

すべてのおいて「意図」が求められます。

 

意図なしに、ただ何となく制作すると時間を無駄にするだけです。

 

 

 

構成を考える

 

questionconstruction

 

スクリプトが決まった後は、どのように素材を表現するかを考えます。

 

・ツールの手で描く

 

・効果を使用して素材や文字を挿入する

 

基本的にはこの2つになりますが、ずっと手で素材や文字を描くと時間が余計に長くなりますし、挿入の仕方ひとつで見え方や印象はまったく異なります。

 

そのため、短い時間の中でどのように表現するかは非常に大切な要素です。

 

 

 

ツールで描く

 

toolwrite

 

いよいよ、ツールで描いていくときです。

 

この段階で、

 

・アニメーションツールを定期購読する

 

・スクリプトの完成

 

・構成の決定

 

・SVGの素材

 

これらが揃っていますので、60秒ほどのアニメーションであれば、慣れれば2時間ほどで完成します。

 

 

 

ナレーションをつける

 

voiceadd

 

Facebook上の動画の85%がミュートで視聴されているという調査結果があるように(Digiday)、ソーシャルメディアではミュートでの再生が多いのは事実です。

 

そのため、動画にキャプションをつけることは視聴者の理解を助けます。

 

しかしそれだけでなく、ナレーションを付けることで、さらに視聴者の理解を深めることができます。

 

テレビ番組は、キャプション+ナレーション(または出演者の言葉)で展開されています。

 

ミュートで視聴するユーザーが多いのも事実ですが、だからといってナレーションが必要ではないということではありません。

 

ナレーションをつける際には、Premireproなどの動画編集ソフトを用います。

 

 

 

アップロード

 

videomarketingupload

 

動画が完成したら、公開するためにアップロードしましょう。

 

アップロードする際は、マルチチャネル戦略が不可欠です。

 

マルチチャネル戦略とは、名前の通り複数のチャネルにアップロードすることを指します。

 

・youtube

 

・Facebook

 

・Instagram

 

・twitter

 

・LINE

 

などのメディアにアップロードするようにしましょう。

 

もちろんターゲット層の兼ね合いもあるので、むやみにすべてのチャネルを使えばいいというわけではありません。

 

 

youtubeにアップロードする際は、SEO対策を忘れないようにしましょう。

 

SEO対策で狙いたいキーワードを、

 

・タイトル

 

・説明欄

 

・タグ

 

この3つには入れるようにします。

 

キーワードが入っていないと、せっかく良い動画であってもなかなか気づかれません。

 

またFacebookやInstagramに投稿する際は、ハッシュタグを忘れずにつけます。

 

 

 

まとめ

 

今後は、マーケティングにおいて動画の重要性はますます高まっていきます。

 

Ciscoによれば、2021年までに世界中のすべてのモバイルデータトラフィックの75%は動画になります。

 

・YouTubeでは毎日5億時間以上の動画が視聴されています(BusinessInsider)。

 

・Facebookでは毎日1億時間分の動画が視聴されています(TechCrunch)。

 

・Instagramで動画視聴に費やされる時間は2016年から40%以上増加している(Instagram)。

 

・Facebookにアップロードされた動画は、写真よりも平均オーガニックリーチを135%上回る(Socialbakers)。

 

・Twitterにアップロードされた動画は、写真よりもリツイートされる可能性が6倍(twitter)。

 

このようにどのプラットフォームにおいても動画の視聴時間は長くなっており、リーチ率や共有率も増加するのです。

 

 

動画マーケティングの重要性が高まる中、ホワイトボードアニメーションは効果性の高いツールの一つです。

 

従来にように人間が登場して語りかける動画だけでなく、アニメーションも織り交ぜることで、より効果的に動画マーケティングを展開することが可能となります。

 

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。