NODL365ロゴホームページ集客のお悩みを解決!

Webライティングが苦手な人がうまくなるための5つのコツ

webwriting-point1

この記事は、Webライティングが苦手な人がうまくなるために欠かせない5つのコツについてお伝えしていきます。

Webライティングをうまくなるためのポイントとしては、まず以下で説明している5つのコツを意識することが重要です。

5つのコツを意識し、継続的に文章を書くことでライティング力は飛躍的に向上していくのです。

では、それぞれ解説していきます。

コツ①:まずは何よりも読み手を意識する

webwriting-point2

Webライティングが苦手な人が上手になるためには、何よりもユーザー(読み手)目線で記事を書いていくことが重要になります。

まずは、ユーザーが何を求めて自分の書いた記事を読みに来たのかを考えてみましょう。

例えば、簡単なプログラミングや技術系の資格などを説明する記事を書くとすれば、まずはターゲットとなる人物像を想定します。

プログラミングや技術系の資格を取得したいと考えている人のほとんどは、男性であり、なおかつ社会人や大学生といった方が多い傾向にあります。

小中学生もそれらの分野を閲覧する場合もありますが、大多数は仕事や学業で必須になる社会人や大学生であり、技術の習得など将来のことを考えて閲覧します。

そして、読み手のほとんどは時間が不足しています。

もっと正確にいえば、ユーザーは短時間にすぐに自分自身が欲しい情報を手に入れたいと思っています。

一般的に記事の冒頭に結論を書くと、すぐに離脱されてしまうと思いがちです。

しかし、最初にこれから読む記事の結論が少しでも書いてあれば、興味のある方は読み進めていく可能性が高くなります。

そのため、結論は記事の後半に書くよりも、冒頭に書いたほうが読まれやすい記事になります。

ユーザーの滞在時間が増加することはSEO対策にも効果的であることから、結論は冒頭に書くことを意識する方がよいでしょう。

さらに、あらかじめターゲットを想定しユーザー絞った記事を書くことができれば、記事の内容が二転三転せず、非常にまとまった記事を書くことができるようになります。

このような理由から、Webライティングをする上では、まずはこれから書く記事は「誰に向けて作るのか」を考えていく必要があります。

万人向けを狙うよりも、絞ったターゲットに向けた記事を書くことが望ましいのです。

コツ②:専門用語を多用しない

webwriting-point3

ユーザー目線で記事を書く上で重要なことは、「わかりやすく書く」ということです。

例えば、すでに自分自身が知っている専門分野に関する記事であれば、基本中の基本を省いて発展的な内容から書き始めてしまう傾向があります。

しかし、それはこれからその分野を学ぼうとする方にとって、非常に難解でわかりづらく、そして離脱率を高めてしまうことにつながります。

なぜなら、素人にはまったく文章の前提や用語の意味がわからないからです。

そのため、多くの人に記事を役立ててもらうためには、基本的な事を省いて難しい内容を書くのではなく、基礎からわかりやすく説明していくことが重要となります。

「これぐらいのことは知ってるでしょ」というスタンスで文章を書くのはやめるようにしましょう。

丁寧すぎるくらいの方が、好ましいです。

文章だけで説明することが困難な場合は、イラストや図解を使用して説明する方法も良いでしょう。

実際、イラストや図解を入れることでシェア率や滞在時間は伸びる傾向が強くあります。

たとえば、技術系のブログ記事であれば、初学者にはわかりにくい抽象的な内容の説明がほとんどになるため、簡単な図解によって説明することが有効です。

他にも、専門用語やカタカナ用語を多用せず、誰にでもわかるような言葉で説明します。

例えば、フレキシブルやコンスタント、パーティションやフォーマットというカタカナ用語や専門用語はほとんどの方がその言葉の意味を正しく把握していないでしょう。

そのため、括弧を使用して注釈を書いておくか、あるいは人によって解釈が異なってしまう単語を使用しないようにすることが重要です。

人によって解釈が異なる言葉は、使ったとしても自分の考えている事を正しく伝えることができないことが多くあります。

なるべく、誰にでもわかるような単語を使用して説明するか、注釈をつけてわかりやすく解説することを心がけましょう。

コツ③:見出しやサムネイルの言葉を意識する

webwriting-point4

見出しやサムネイル(youtubeでいうと動画始まる前の静止画)では、まずユーザーの注意を引きつける必要があります。

人を引き込むような一大事件やイベントなどを冒頭に持っていけば、一気に離脱率を下げることができるでしょう。

具体的な例が、動画のサムネイルや新聞の見出しなどがあります。

サムネイル画像には動画の内容をわかりやすく表現するだけでなく、結論を最初から持ってくることで、何故そうなったのか結論に至るまでの過程を知りたくなります。

新聞や電車の中吊り広告の見出しも同様で、奇想天外で荒唐無稽な内容であれば、その分野に興味がない方であっても閲覧しようと考えるのではないでしょうか。

そのため、まずは記事を書く際には読み手の考えを逆手に取って、興味を惹きつけそうな結論を先に書くことを意識します。

そうすれば離脱率が下がる可能性があり、興味を持って読んでくれるようになります。

ただし、注意を引きつけるための見出しやタイトル、サムネイル画像などと言ったものは、事実とかけ離れた内容にしないようにしましょう。

他にも、ユーザーを不快にさせるような文章は厳禁です。

そういったWebライティングを続けていると、記事の内容が炎上してしまい、様々な問題が発生してしまいます。

ユーザーに興味を持たせることは重要ですが、結果に囚われすぎて本質を忘れないようにしましょう。

コツ④:文字のバランスに気を付ける

webwriting-point5

Webライティングをする際には、文章の漢字や数字、カタカナやアルファベットの量のバランスを保つことが重要です。

特に、漢字が多すぎて読みづらくなってしまったり、逆にカタカナ用語や数字ばかりだととても読みづらくなってしまいます。

また、数字を用いると文章に説得力が生まれます。

例えば、北海道は非常に寒いといった抽象的な文章ではなく、北海道は真冬になると氷点下10度を下回ることがあると表現したほうが読者にもわかりやすいですし、想像しやすいでしょう。

単に記事の最初に結論を書くのではなく、数字や具体的な表現を交えて訴求すると反応率が向上します。

偶数(2や4)よりも奇数(3や5)の方が、クリック率などの反応率が上がるとされます。

コツ⑤:改行や箇条書きを用いる

webwriting-point6

特に最近では、スマートフォンからの閲覧が非常に増えています。

スマートフォンはパソコンに比べて画面がとても小さいため、文章の読みやすさに配慮することが必要です。

そのために必要なことは、1文ごとの改行と箇条書きを用いることです。

改行がなく、ダラダラとずっと続いている文章を読むのは非常に読みづらく、離脱につながります。

どの程度の幅を改行するかについては、記事を書いた後にプレビューしながら微調整するとよいでしょう。

また、大事な要点は箇条書きを用いることで、しっかりとポイントが読者に伝わるようになります。

最後に

webwriting-point7

ここでは、Webライティングがうまくなるための5つのコツについてお伝えしましたが、大切なことは「意識しながら継続して書く」ことです。

文章が苦手な方は、苦手なのを理由に文章を書くことから逃げがちな傾向があります。

しかし、書かないことには上達はしません。

そして、ただ書くだけでなく、ポイントを意識しながら書くことでさらに文章がうまくなります。

まずは「継続」です。

まずは1年などのスパンを決めて、継続的に文章を書くようにすることがうまくなるための基盤となるコツです。

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します! 個人事業主に特化したホームページ制作を行っております。 とにかく成約率にこだわり、事業主の人が伝わるHP制作をしっかりと行います。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 ホームページ集客の専門家としてお役に立てますので、お困りごとがございましたら些細なことでも、以下の「無料電話相談予約」か「メールで相談」にてお気軽にお問い合わせください!