これまでにない、挑戦を。

動画・ビデオ・映像マーケティングとSEO対策の7つのルール

YouTubeのようなプラットフォームだけでなく、スマートフォンや技術の進歩によって、消費者が動画コンテンツを簡単かつ手頃に視聴することができるようになりました。

 

2019年までに、ウェブトラフィックの80%が動画になると予測されていることからも、マーケティング戦略に動画を取り入れることは不可欠となっています。

 

マーケティングにおいては、まず消費者に動画を気づいてもらうことが必要です。

 

その気づいてもらうための手段としてあるのが、SEOです。

 

ここでは、動画マーケティングにおいてどのようにSEO対策を施していくかについて、重要な10のルールをお伝えいたします。

 

Handholdingseo7

 

 

1.モバイル最適化

 

モバイルの最適化が、今日のウェブ最適化の主な焦点です。

 

なぜなら、動画を閲覧している大部分はモバイルデバイスだからです。

 

モバイルは数年前にデスクトップビューを上回り、成長し続け今やビューの70%-80%はモバイルからです。

 

まずはモバイルファーストで、マーケティング戦略を構築することが必要です。

 

 

 

2.メタデータ

 

ホームページのSEO対策をするのと同じように、動画においてもタイトルとディスクリプションを最適化することを忘れてはいけません。

 

まず検索エンジンはタイトルに含まれているキーワードを使用して、動画を識別し、ランク付けします。

 

検索エンジンが動画のトピックが何であるかをよりよく理解するのを助けるために、適切なタイトル、説明、タグを付けることが必要です。

 

 

 

3.さまざまなチャンネルを共有する

 

動画コンテンツをFacebook、YouTube、Instagramにアップロードし、最も反応率の高い投稿の種類や媒体を確認します。

 

ソーシャルメディアに動画をアップすることで、ソーシャルシェアリングを促進することができ、被リンクの量を増やすことでGoogleからの評価を高めることができます。

 

 

 

4.ウェブサイトに動画を追加する

 

YouTubeやVimeoなどのサイトだけでなく、ウェブサイトに動画コンテンツを追加することで、サイトのエンゲージメントやユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

 

動画コンテンツは、テキストよりも多くの消費者に好まれます。

 

Googleが推奨するマークアップを行い、クローラが動画コンテンツの内容をさらに理解できるようにすることも可能です。

 

 

 

5.動画内容のテキスト化

 

検索エンジンのクローラは、まだ動画の内容を把握し評価することができません。

 

そのため動画のテキスト化を行いウェブサイトに掲載することで、googleからの評価を高めることができます。

 

少なくとも、ウェブサイトに動画のみを貼り付けるよりは、テキスト+動画にした方がSEO的には好ましいことは確かです。

 

 

 

6.魅力的なサムネイルを作成する

 

ユーザーは数多ある動画から、どれを視聴するか迷うことが多々あります。

 

サムネイルは、ユーザーの注意を引き付け、動画の閲覧に導くことにとても役立ちます。

 

一般的に、動画自体からサムネイルを選択するか、別の画像をアップロードすることでサムネイルを作成します。

 

 

 

7.2分以内の動画にする

 

Insiviaの調査によれば、消費者の2/3は2分以内の動画を好みます。

 

また視聴者の30%が30秒後、45%が1分後、60%が2分後に動画を視聴をやめます(Ad Age)。

 

動画は長ければ良いものではありません。

 

短い時間で、要点を端的にわかりやすく伝える工夫が必要です。

 

 

(この記事はSearchEngineJournalなどを参考に制作)

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。