これまでにない、挑戦を。

動画マーケティングを効果的に活用するための新しい5ルール

マーケティングに動画が多く用いられる現在では、様々なケーススタディや分析から、どのようにマーケティングを展開すれば結果を出すことができるのか明らかになっています。

 

制作する動画の品質も重要ですが、それ以前に動画マーケティングに取り組むために心掛けておくべきことがあります。

 

この記事では、従来の古く失敗する動画マーケテイング手法を踏まえながら、結果に結びつく新しい動画マーケティングの5つのルールについてお伝えいたします。

 

 

ルール1:目的と視聴者を定義する

 

videonew5rules2

 

動画制作にあたっては、まず目的と視聴者を定義することから始めます。

 

【動画制作の最終的な目的は何ですか?】

 

「エンゲージメント」や「ブランド認知度」などという、曖昧は答えはしないでください。

 

・商品ページのコンバージョンを200%増加させる

 

・ウェブサイトへのトラフィックを150%増加させる

 

・見込み客の育成プロセスを従来よりも40%短縮させる

 

このように具体的で、検証可能な目的を定義するべきです。

 

 

【誰のために動画を制作しますか?】

 

視聴者に響く動画を制作したいのであれば、まずは「誰に対して・誰のために」を明確化することが不可欠です。

 

そして視聴者が、

 

・自社のブランド・製品・サービス・コンテンツについて求めていること

 

・数多ある動画の中でなぜ自社の動画を好んで視聴するのか

 

を把握し、動画の制作に活かすことが必要です。

 

視聴者を理解することは動画制作の大きなヒントとなり、自社のサービスとうまく絡めることができれば、動画の活用はさらに効果性を発揮します。

 

 

【「作って終わり」にしていませんか?】

 

良いマーケティングは、変化を生み出します。

 

動画マーケティングを展開することにより、成約率やウェブサイトトラフィックの増加を図ることが狙いですが、結果をどのように測定・確認するかが重要です。

 

Webマーケティングの基本は、データを取り、それを基に改善することです。

 

目的に向けて、何をどのように改善するべきなのかを常に把握しておきます。

 

YouTubeにアップロードすると、再生回数は伸びますが、再生回数は成功の指標ではありません。

 

重要なのは、適切なユーザーが適切な理由で自社の動画コンテンツを見ているかどうか、そしてその後に自社が意図する行動を取っているかどうかです。

 

再生率・シェア・クリック・コンバージョンなどの指標は、動画マーケティングにおいてトラッキングすべき指標であり、そのデータを取得してからが勝負になります。

 

 

 

ルール2:動画コンテンツギャップ分析を行う

 

contentgap

 

初期段階で動画コンテンツギャップ分析を実行すると、公開する動画をブラッシュアップすることの役に立ちます。

 

動画マーケティングにおいても、差別化は必要です。

 

動画コンテンツギャップ分析を行うと、公開までの時間を短縮することができ、視聴者は動画に新鮮さを感じます。

 

 

動画コンテンツギャップ分析を行う方法は、以下の流れになります。

 

①人気のある動画コンテンツを探し、リスト化する

 

②どのような傾向があるのか分析する

 

③どのメディアでもっともエンゲージメントが高いのかを確認する

 

④自社の動画コンテンツとの差分を確認し、動画制作に活かす

 

まずは市場でどのようなコンテンツが人気なのかを把握し、そこからエッセンスを抽出することはとても大切です。

 

 

 

ルール3:正しいコンテキストで使用する

 

videomarketingneonsign

 

戦略的アプローチのない動画マーケティングは成功しません。

 

動画を制作した後、どこに動画を配置することで最も大きな成果を得ることができるのでしょうか。

 

YouTube?

 

ウェブサイト?

 

Facebook?

 

Instagram?

 

twitter?

 

メールマガジン?

 

どこに動画を配置することで、最も効果的なのかを予測・把握することは不可欠です。

 

 

youtbeは、SEO対策には非常に効果を発揮しますが、視聴者がすぐに商品を購入したり、メールマガジンに登録することは望めません。

 

iCrossingUKによれば、視聴者の1%のみがアクションボタンをクリックしyoutubeを離れます。

 

忘れてはいけないのは、動画配信側(自社)はウェブサイトなどへのトラフィックを増やすことが目的ですが、youtube側は視聴者にyoutubeプラットフォームに留まることを望んでいることです。

 

youtubeに限ったことではありませんが、動画の配置及び動画の内容は目的を持って行うことが必要です。

 

たとえば、ASOSは動画コンテンツを巧みに展開しています。

 

youtubeのチャンネルは定期的に更新され、ブランドのライフスタイル要素を中心としたコンテンツを提供しています。

 

asos-video-content

 

ASOSのyoutubeチャンネルやソーシャルメディアでは、純粋な製品動画は見つかりません。

 

このチャンネルでは、製品を売ることを目的とせず、視聴者とのエンゲージメントを高めることが目的だからです。

 

「この動画は何のために?」・「なぜこのチャンネルに配置するのか?」という質問に対しての明確な回答を用意しておくことが必要です。

 

 

 

ルール4:広告・キャンペーンの展開

 

videomarketingad

 

キャンペーンを行わなければ、動画は大きな成果をもたらすことはありません。

 

そもそも視聴されなければ、アナリティクスを使用して動画コンテンツを改善することができないからです。

 

もちろんSEO対策を施し検索から視聴を獲得することや、ハッシュタグや共有からの視聴もあるでしょう。

 

それは理にかなった思考や戦略ですが、たいていの場合は広告やキャンペーンを展開することで、より多くの視聴を得られるのに疑いの余地はありません。

 

またビジネス関連の拡散された動画は、例外なく広告やキャンペーンを行っています。

 

 

動画広告を制作する場合は、以下の点を踏まえることが必要です。

 

・最初の数秒で注意を引く

 

オンライン上には様々なコンテンツが溢れており、最初に注意を掴まなければ、視聴者はすぐに離脱します。

 

そのため、5秒以内に視聴者を引き付ることで、最後まで視聴する確率が高まります。

 

 

・視聴者の感情を揺さぶる

 

動画はターゲットオーディエンスに合わせてコンテンツを調整し、楽しい・幸せ・動機付けなどのメッセージを提供することが不可欠です。

 

感情に訴えかけることで、ブランドへのエンゲージメントを増加させるだけでなく、記憶に残りやすくなります。

 

 

・明確な誘導

 

視聴した後、視聴者に何を望んでいるのでしょうか。

 

ただ動画を視聴されて終わるのでは、何の意味もありません。

 

視聴者にどのような行動を取ってほしいのかをあらかじめ明確にし、その導線を構築することが必要です。

 

 

・短い動画

 

動画は2分以内に収めるのが理想的です。

 

よほど優れた動画でない限り、2分以上視聴される確率は下がります。

 

Adageの調査によれば、視聴者の30%が30秒後、45%が1分後、60%が2分後に動画を視聴をやめます。

 

 

 

ルール5:パフォーマンスを最適化する

 

videomarketingoptimisation

 

マーケティング担当者の多くは、公開された動画の分析を行いません。

 

これでは制作した動画のフィードバックを得ることも、動画をブラッシュアップすることもできないため、成果を上げることはできません。

 

動画もランディングページと同じように考え、定期的に監視して最適化します。

 

たとえば2つのバージョンを作成し、A / Bテストを実行します。

 

目標はコンバージョン率の増加とし、販売ページに異なる種類の動画を投稿したとします。

 

バージョンAは2.4%、バージョンBは2.1%増加した場合、バージョンAを残します。そこからさらに、新たな動画を追加してA / Bテストを実行するのもよいでしょう。

 

 

WistiaやBrightcoveなどを使用すると、視聴者が自社の動画コンテンツをどのように視聴しているかを深く知ることができます(youtubeアナリティクスは、動画のどの部分から視聴者が離脱しているのかを把握することはできません)。

 

視聴者が動画をどのように見ているかを細かく確認し、データを使用して動画を改善していきます。

 

どの部分で視聴者が途切れているか確認し、再視聴されている動画を把握することで、視聴者を保持するためにどのように動画を改善すればよいかヒントになります。

 

 

 

まとめ

 

動画マーケティングを展開するにあたっては、

 

・視聴者の定義

 

・動画の目的

 

・動画の配置(戦略)

 

・どのように視聴させるか(動画に気づいてもらうか)

 

・分析・改善

 

このようなことが必要となります。

 

制作ありきの考えでは成果を出すことは難しく、意図・目的・戦略を定め、それに基づいてマーケティングを展開することが不可欠です。

 

 

(この記事はINSTITUTEなどを参考に制作)

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。