これまでにない、挑戦を。

動画マーケティングの3つのメリットとデメリット

インターネット上には、ブログ記事が溢れています。

 

このような中で、自社のコンテンツをどのように差別化し、どのような立ち位置を取るべきでしょうか?

 

 

ブログの競争は激化しているなか、ディスプレイ広告のクリックスルー率は減少しています。

 

実際、ディスプレイ広告の平均クリック率はわずか0.05%という状況です。

 

 

このような状況において動画マーケティングは、自社のコンテンツを輝かせ、消費者を引き付ける解決策になるかもしれません。

 

2021年までに、インタネット上の動画トラフィックは全体の80%以上を占めると予想されています。

 

今後はどの企業も動画マーケティングに着手することが明白であり、動画をビジネスに組み込む重要性が増していることは明らかです。

 

 

ここでは、動画マーケティングにおける3つのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

 

 

動画マーケティングにおける3つのメリット

 

videomarketingmerit

 

メリット1:貴重な情報の提供

 

検索者がページに訪問し、ページに書かれていることがわかりにくい場合、すぐに離脱されます。

 

今やオンラインストレージの先頭に立っているDropboxは、ページを閲覧されてもすぐに離脱される状況に陥っていました。

 

そのため、Dropboxがどのようなサービスであるか、そしてその仕組み丁寧に説明する動画をページに追加したのです。

 

その結果、Dropboxのコンバージョン率は10%向上しました。

 

実際Unbounceの調査によれば、ランディングページに動画を追加すると、平均してコンバージョン率は80%向上します。

 

次の動画は、初期に作られたDropboxのサービス紹介動画です。

 

 

ユーザーは、ブランド、製品、サービスが何であるかを理解するだけでなく、その使用方法も理解する必要がある場合もあります。

 

そして、それは具体的かつ明確、簡潔に伝えることが不可欠です。

 

ただ、だらだら長く書いている文章のページは離脱されてしまう大きな原因です。

 

 

しかし、動画はテキストと大きく異なります。

 

Forrester Researchは、1分間の動画は約180万の文字に相当すると推定しています。

 

ユーザーが分単位で処理できる動画とテキストの情報量は、比べ物にならないほど大きいのです。

 

 

 

メリット2:新しいユーザーへのアプローチ

 

youtubeでは毎日約50億本の動画が視聴されており、YouTubeの平均モバイル視聴セッションは40分以上です(ComScore)。

 

そして、すべてのオンライン活動の3分の1以上が動画の視聴となっています(HubSpot)。

 

LSAは2,000人の消費者を調査し、購入者の44%は製品やサービスを動画を視聴し購入の検討をしていることがわかりました。

 

そして視聴者の53%が実際に動画を視聴した後に問い合わせをするなどの行動を起こし、51%が企業のウェブサイトにアクセスしました。

 

これらのことから、ユーザーが商品やサービスをオンラインで検索し購入判断をする際には、動画が大きな影響を及ぼしていることがわかります。

 

動画コンテンツは、自社を新しいユーザーが見つけ、商品やサービスを検討し購入に至るまでの新しい導線となりえます。

 

 

 

メリット3:視聴者の関与を高める

 

これまで述べてきたように、動画は視聴者の関与を高め、コンバージョン率を向上させることが可能です。

 

しかし、それはあくまで「動画が魅力的である」場合のみです。

 

消費者はセールス重視のメッセージに飽き飽きし、ウンザリしています。

 

消費者の立場に立てば、あなた自身もそうではないでしょうか?

 

動画コンテンツを制作し投稿することが重要ですが、動画の内容に共鳴されない場合、誰もそれを視聴しません。

 

そのため、視聴者に価値あるコンテンツを提供する必要があります。

 

 

動画マーケティングに限ったことではありませんが、まずは特定の視聴者のために構築された戦略をまとめる必要があります。

 

動画マーケティング戦略を策定する前に、最低限以下の質問に対する答えを明確化する必要があります。

 

 

 

 

ペルソナを明確化し、5W1Hに基づきユーザーを具体化します。

 

それにより、ユーザーがどのようなコンテンツの求め、どのチャンネルで視聴するのか想定できることでコンテンツ戦略がより具体的になります。

 

 

 

動画マーケティングにおける3つのデメリット

 

videomarketingdemerit

 

ここでは、動画マーケティングをするにあたり満たしていなければ効果性の出ない3つの要素についてお伝えいたします。

 

 

デメリット1:質の良いコンテンツでなければ効果性は低い

 

スマートフォンやアプリの普及により、誰でも簡単に動画を制作できるようになりました。

 

そして、動画の質がそれほど良くない場合においても、動画はマーケティングにおいて効果を発揮します。

 

しかしながら、質の良い動画と質の悪い動画であれば、当然質の良い動画の方が消費者に好まれるのは明らかです。

 

ここでいう質の良いとは、プロのようなきれいな動画であるというだけでなく、きちんとターゲットとなる消費者に訴求可能な内容であるということも含まれています。

 

また日々投稿するコンテンツに一貫性がなければ、視聴者は離れていきます。

 

 

 

デメリット2:クロスチャネル戦略を持っていなければ効果性は低い

 

動画の目標はビューを増やすことではなく、コンバージョン率を高くし、新しいリードやトラフィックを生み出すことです。

 

しかし、これは視聴者がいなければ実現できません。

 

質の良いコンテンツを投稿するだけでなく、トラフィックを誘導する計画がないのであれば、動画を制作する根本的な理由から再検討する必要があります。

 

動画が完成したら、それをyoutube、Facebook、instagram、ホームページなのでクロスプロモーションすることによって、どのようにコンテンツを活用するかを考えることが必要です。

 

すべてのコンテンツが、すべてのチャンネルに適しているわけではありません。

 

 

ソーシャルメディアやオウンドメディアだけでなく、メールマーケティング(メルマガ)に動画を活用するのも効果的です。

 

HubSpotの調査によれば、メールの件名に「動画」と記載すると、オープン率が19%、クリックスルー率が65%向上しました。

 

クロスチャネルを適用するにあたってまず考慮すべきは、モバイルフレンドリーです。

 

Adelie Studiosの調査によれば、動画再生のうち51%はモバイルデバイスで再生されています。

 

youtubeの調査においても、動画再生の50%以上はモバイルからであるとされます。

 

またFacebook動画の85%はミュートで再生されるため、字幕を付けるのが好ましいとされます(Facebook)。

 

 

 

デメリット3:PDCAを回さなければ効果性は低い

 

Webマーケティングにおいて、効果測定は必須です。

 

それは動画も例外ではなく、「制作し、投稿して、はい終わり」では効果は見込めません。

 

KGI/KPIを設定する、ROIを測ることなどは当然のこととして、例として次のようなことは検討する必要があります。

 

 

 

 

 

 

データを収集し、「仮説、実験、結果検証」を繰り返すことで効果的な動画を制作できるようになります。

 

 

 

まとめ

 

動画マーケティングは強力なツールであることは間違いありません。

 

それは近年の動画の普及や今後の予測、そしてテキストや写真と比較したときの情報量を考えれば当然のことです。

 

コンバージョン数を増やし、新しいユーザーにアプローチし、競合他社からユーザーを獲得するのに役立ちます。

 

加えて、消費者に販売促進に役立つ貴重な情報を提供するためにも使用できます。

 

 

しかしながら、片手間で動画マーケティングを成果は出にくくなります。

 

戦略設計・質の良いコンテンツ制作・チャネル構築・検証などを行ってはじめて、よりよい効果が得られるようになるのです。

 

 

(この記事はNeilPatelなどを参考に制作)

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。