これまでにない、挑戦を。

個人事業主におけるホームページの必要性

 

この記事では、個人事業主がホームページを持つ意味と必要性についてお伝えしていきます。

 

ホームページを持つことには2つの意味があり、それぞれ解説していきます。

 

では、ホームページの必要性について見ていきましょう。

 

 

 

ホームページを持つ2つの意味

 

homepage-soleproprietorship-needs2

 

ホームページを持つことの意味として、「信頼の獲得」と「顧客の獲得」があります。

 

それぞれ、次のようになります。

 

 

①信頼の獲得

 

まず、ホームページを持つ意味として挙げられるのは、「信頼の獲得」です。

 

結論からいいますと、ホームページを持っていないと「今の時代にホームページすら持っていないのか」と思われても仕方がありません。

 

通常は名刺にもホームページのURLを載せる場合がほとんどであり、一度名刺交換し時間が経過した後に連絡をする場合は、ホームページをチェックする場合も多々あります。

 

また、サービス内容やプロフィール(会社概要)などをしっかりとホームページに掲載することで、お客様により理解していただくことにもつながります。

 

ホームページは、「きちんと会社(事業主)として存在し、事業を営んでいますよ」とWeb上で証明するものになるため、会社名や名前を検索エンジンで検索したにも関わらずまったくヒットしなければ信頼度は低下するでしょう。

 

 

②顧客の獲得

 

ホームページが持つもう一つの意味は、「顧客の獲得」です。

 

顧客を獲得するためには、「オフライン」か「オンライン」のどちらかしか方法がありません。

 

 

オフラインの顧客獲得方法は、電話営業・飛び込み営業・ダイレクトメールなどがあります。

 

オンラインは、ホームページ・ソーシャルメディア(SNS)・メールマガジンなどを用いて顧客を獲得します。

 

ホームページは、オンライン上での顧客獲得の重要な役割を担います。

 

ホームページはWeb上で安定的に、高単価で、優良顧客を獲得できるツールであるといえるのです。

 

 

理由として、まずWeb上で顧客獲得が可能なツールとしては以下のものしかありません。

 

・ホームページ

 

・SNS

 

・ポータルサイト(Amazonなど)

 

・メールマガジン

 

ポータルサイトは単体で成約を取ることができますが、残る3つの中ではホームページが成約を取るための最終地点とされることが多いです。

 

homepage-conversion-flow

 

このような形で、ホームページを経由して成約を取ります(ランディングページという、ホームページの内容を縦長の1ページにしたものを経由する場合もあります)。

 

メッセージを活用してSNS単体で成約を取られる方もおられますが、それは珍しいケースといえます。

 

通常は、SNSのプロフィール欄にあるURLを介してホームページに誘導する流れとなります。

 

メールマガジンにおいても常にホームページを経由するわけではありませんが、何らかの申し込みを獲得するときはホームページ(又はランディングページ)を経由することが基本的な流れとなります。

 

 

私の経験やクライアントの事例からいえることは、ホームページ(自社メディア)は「高単価で売れやすい」ということです。

 

例えば、様々な講座が集まっているポータルサイトで、90分1万円の講座を開催しても、知名度やよほどの実績がない限りほとんど人は集まりません。

 

しかし、自社メディア(ホームページ・メールマガジン)の場合は、当たり前のように講座に予約が入るのです。

 

もちろんホームページにどのようなコンテンツ(文章・画像・動画)を用意するかが重要となりますが、きちんとコンテンツを構築していれば高単価であっても売れるのです。

 

 

 

ホームページを持つ必要のないパターン

 

homepage-soleproprietorship-noneeds

 

ホームページを持つ必要のないパターンとしては、

 

「オフライン上で強固なネットワーク・人間関係が構築できており、そこからのリピート・口コミで事業が回っている」

 

このケースしかありません。

 

既存のお客様のリピートや紹介で事業が回っているのであれば、ホームページを制作してWeb上での信頼を獲得したり、顧客獲得をする必要性が低いからです。

 

しかし、このような方は多くはないため、ホームページを持つことでメリットを得られる方が圧倒的に多いのが現実です。

 

 

 

ホームページの制作方法

 

homepage-soleproprietorship-making

 

次は、ホームページの必要性を感じ制作する場合、どのような方法があるのかについてお伝えしていきます。

 

方法は、「自作」と「依頼」の2つがあります。

 

それぞれ、確認していきましょう。

 

 

①自作する

 

まず1つ目は、自作する方法です。

 

自作する方法としては、以下の2つがあります。

 

・自分自身でレンタルサーバーを契約して、ホームページを構築する

 

・WixやJimdoなどを用いて、ドロップアンドドラッグなどの方法で簡単に構築する

 

 

このどちらで構築しても良いのですが、自作する際の注意点としては以下のようなものがあります。

 

・HTMLやCSSなどのホームページを構築する技術的な知識が必要(レンタルサーバーの場合)

 

・しっかりとしたコンテンツが必要(文章・画像・動画を用いてお客様を説得する)

 

・SEO対策(検索結果の上位に表示)の知識が必要

 

・ホームページにアクセスした訪問者をどのように成約まで誘導するかの計画(導線設計)が必要

 

これらのことが必要であり、つまるところ「勉強及び実践」が必要です。

 

ホームページを自作する場合は、勉強・実践するための時間を投資することが不可欠であり、時間をかけられないのであれば業者に依頼するのが賢明だといえます。

 

 

②ホームページ制作業者に依頼する

 

ホームページ業者に依頼することで、ホームページを自作する時間や労力が削減できます。

 

自作であっても、しっかりと勉強・実践をして時間をかければ質の高いホームページは制作できるため、ホームページ業者に依頼することが万能ではありません。

 

単に、ホームページが完成するまでの対価を「自分の時間を使うか」・「お金を払って他者の時間を使うか」のどちらで払うのかという違いだけです。

 

ただ、ホームページ制作業者はこれまで培った知識・経験・実績があり、「わかる」と「できる」の壁は大きいため、「できる(経験がある)」業者に依頼することには一定のメリットがあることは確かです。

 

 

ホームページ制作業者に依頼する場合の注意点としては、以下のようになります。

 

・デザインだけが優れたホームページを制作される場合があるが、ホームページのコンテンツ(文章・画像・動画)が良くなければ、エンゲージメント(ホームページ訪問者とのつながり度)は高まらず、成約にもつながらない

 

・高額な月額料と月額管理費を5年~7年の契約で結ばされ、集客できず役に立たないホームページに毎月5万円以上支払っているケースがある(意外と多いです。契約を結んでいる以上、契約破棄はできません)

 

・業者とクライアントには知識差があるため、それを利用して専門用語を使ってわざと難しく解説し、「とても難しくてできない」ことだと装って高額の管理費を請求する

 

なぜあえてこのような注意点をお伝えするのかといいますと、私自身がこのようなケースを見てきており、これを読んでいる皆様には避けていただきたいことだからです。

 

 

「人」を伝え、感じてもらるかどうか

 

自作か依頼のどちらにしても、個人事業主の場合は、どのように「人」を伝えていくかが極めて重要です。

 

「人となり」が伝わらない個人事業主のホームページは、制作する意味がありません。

 

ホームページのデザインも大事ではありますが、それよりも「コンテンツ」がカギを握ります。

 

・いかに自分を出して、自分自身の人となりを理解してもらえるか(プロフィール)

 

・商品やサービスの理解を促進し、いかに興味・関心を持ってもらえるか(商品ページ・サービス内容ページ)

 

・お客様の声を活用し、第三者から自分自身の人となりやサービスを伝えてもらう

 

このようなコンテンツを盛り込むことで、より信頼度が高まり、成約の取れるホームページを構築することができるのです。

 

 

 

まとめ

 

homepage-soleproprietorship-makinghomepage-soleproprietorship-conclusion

 

現代において、ホームページは(見込み)顧客からの信頼度を高め、集客を増加させるために欠かせないものです。

 

自作する(自分の時間を投資する)、業者に依頼する(他者の知識・経験・時間を買う)のどちらの方法でも構いません。

 

自作する場合は勉強・実践し結果が出るまでに最低でも9カ月以上は要し、業者に依頼する場合は最低でも30万円の制作費は見込んでおいたほうがよいでしょう(制作費が安いためクラウドソーシングを活用する方もおられますが、質やアフターフォローが悪い傾向にあるためおすすめはしません)。

 

そして自作でも依頼でも、どちらにおいてもコンテンツはしっかりと構築していきましょう。

 

説得力のないコンテンツでは、誰も振り向いてくれず、ホームページを制作する意味がなくなってしまいます。

 

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。