これまでにない、挑戦を。

ソーシャルメディア動画マーケティングにおける各SNSの活用と手法

動画マーケティングは、ソーシャルメディアの世界を席巻しつつあります。

 

Facebookユーザーは、毎日1億時間以上の動画を視聴しています。

 

YouTubeでは、毎日約4,950,000,000の動画再生回数を記録しています。

 

Instagramの動画視聴時間は、2016年から40%以上増加しています。

 

これはコンテンツ形態の中で消費者が動画を好むというだけではなく、情報伝達の方法としては最適だからです。

 

James McQuivey博士は1秒間のフレーム数と動画の長さを計算して、1分間の動画の価値が180万語に達することを確認しました。

 

またBufferの実験によれば、Facebookの動画投稿は平均リーチが2.7倍高くなり、エンゲージメントが1.9倍になりました。

 

 

今後はますます、マルチチャネル戦略に基づく動画マーケティングが重要となります。

 

そして効果性の高さから、動画マーケティングにおいてソーシャルメディアは欠かせない存在となっています。

 

長年に渡って、各SNSはそれぞれ進化を続けてきました。

 

そのためここでは、5つの主要なSNSの動画コンテンツの作成と投稿のヒントについてお伝えいたします。

 

 

 

Facebook

 

facebook1

 

Facebookは動画を共有するためのメディアであり、ほとんどの場合直接的に動画を検索することはしません。

 

Facebookの主な目的は動画を見たり共有することではありませんが、動画コンテンツを共有するのに最適な場所であるのは間違いありません。

 

Facebookでは動画コンテンツを2分以内に保ち、スクロールされるのを防ぐために最初の数秒に力を入れます。

 

85%のユーザーはミュートで動画を視聴するため、音がなくても楽しめるようにコンテンツを制作する必要があります。

 

これをうまく行うと、Facebook上のネットワークがコンテンツを拡散し、ブランドの認知やエンゲージメントの向上を図ることができます。

 

 

ヒント

 

・「正方形」または「1:1形式」を使用します。調査によると、1:1の映像は30〜35%パフォーマンスを向上させます(Buffer)

 

・動画の85%がミュートで視聴されるため、動画にキャプションを追加する(Buffer)

 

・Facebookでは3秒間再生されると「ビュー」としてカウントされる(Marketing Land)

 

・高解像度の720pまたは1080p HDを使用する。720pフォーマットは1280 x 720の解像度または16:9のアスペクト比を持ち、1080pフォーマットは1920 x 1080の解像度または16:9のアスペクト比を持ちます(Buffer)

 

・ライブ配信の前には訴求力のある案内文を制作する(Facebook)

 

・Facebookのネイティブ動画は、YouTubeリンクに比べてリーチ率が10倍高い(Socialbakers)

 

・2018年の初めにFacebookはアルゴリズムを変更し、エンゲージメントの重要性が増したため、動画の企画・質も重要になっている(businessnewsdaily)

 

 

 

youtube

 

youtube1

 

youtube は毎月30億回以上の検索を処理しており、Googleに次いで第2位のオンライン検索エンジンです。

 

youtubeに動画をアップロードし最適化することで、ウェブサイト全体にシームレスに動画を埋め込むことができ、SEO対策を施すことでGoogleや他の検索エンジンで動画が発見可能となります。

 

視聴者に価値をもたらす動画を制作し、タイトル・キャプション・タグ・サムネイルなどを最適化します。

 

youtubeは、動画を視聴したい視聴者を対象としており、動画を検索するユーザーが最も多いメディアです。

 

そのため、youtubeはソーシャルメディアでは提供できない、長時間に渡るコンテンツを提供することも可能です。

 

 

ヒント

 

・キャプション/字幕付きの動画は、再生回数が40%増える(3playMedia)

 

・最初の3〜10秒が重要。視聴者の20〜25%は10秒以内に離脱する(vidyard)

 

・SEO対策に重要なメタデータ(タイトル・説明・タグ)の設定が重要であり、これをしなけば検索でヒットしない(TrackMaven)

 

・高解像度の720pまたは1080p HDを使用してください。720pフォーマットは1280 x 720の解像度または16:9のアスペクト比を持ち、1080pフォーマットは1920 x 1080の解像度または16:9のアスペクト比を持ちます(Buffer)

 

・チャネルの成長と動画の視聴を増やすために、適切なタイトルのキーワード選びに時間を費やすことが必要(sumo)

 

・一貫性のあるコンテンツを投稿し、動画の内容に関心のある視聴者を増やす(TrackMaven)

 

・YouTube視聴率がピーク時に投稿する(TrackMaven)

 

Frederator Networksの調査によれば、youtubeに投稿する最適な時間は次のとおりです。

・月曜日〜水曜日:午後2時〜午後4時

・木曜日〜金曜日:正午〜午後3時

・土曜日〜日曜日:午前9時〜午前11時

傾向として視聴率は木曜日から土曜日までに増加し始め、日曜日に減少し始めます。

 

 

 

Instagram

 

instagram1

 

Instagram StoriesとIGTVの登場に伴い、InstagramはSNSの主要動画プラットフォームとなりました。

 

またInstagramは写真と動画の共有を目的とするソーシャルメディアであり、それが他のSNSと大きく異なります。

 

視覚的に映える商品を有する企業だけが成功するメディアのように思えますが、少しの創造性を駆使すれば、あらゆる企業のプラットフォームとして成り得ます。

 

 

ヒント

 

・「正方形」または「1:1形式」を使用します。調査によると、この形式の動画は動画視聴にかかる費用を33%低減させます(Buffer)

 

・ミュートで視聴する前提で動画を制作する。Instagramでは、音声を出すにはタップしなければなりません(Wistia)

 

・特にInstagramはコンテンツの品質が重要であり、質が低ければエンゲージメントは向上しない(Buffer)

 

・少なくとも1つのハッシュタグを含む投稿では、エンゲージメントが12%増加する(HubSpot)

 

・Instagram Storiesは顧客とリアルタイムで関わるために最適な機能であり、質問に回答するなどユーザーとの交流を図ることでエンゲージメントを高められる(businessnewsdaily)

 

・Instagramは、いまだ写真が動画よりも多くのエンゲージメントを得られる唯一のソーシャルプラットフォーム(Sprout Social)

 

 

 

twitter

 

twitter1

 

Twitterはソーシャル動画プラットフォームとしては、他のSNSに比べてあまり注目はされていません。

 

それは、twitterがテキストベースのつぶやきを主とした目的のメディアであることも要因です。

 

しかしながら、多くの企業がFacebook・youtube・Instagramに注目する中、twitterは動画プラットフォームとしての革新を続けています。

 

twitterを攻略する方法の1つは、ユーザーとの1対1の関係を活かすことです。

 

twitterで個人的によりカスタマイズされ、フォローアップするような動画コンテンツを制作するのです。

 

 

ヒント

 

・人を登場させる。最初の瞬間に人間が登場する動画は、視聴数が2倍になります(twitter)

 

・動画の内容を簡潔・明確に伝える。動画の開始、途中、終了が明瞭な動画は視聴者数を増やすことができる(VB)

 

・視聴者を楽しませるエンターテインメント動画は、共有を15%高める(twitter)

 

・モバイル最適化は必須。Twitterでの動画再生の90%はモバイルで行われる(twitter)

 

・動画は写真よりもリツイートされる可能性が6倍(twitter)

 

 

 

Snapchat

 

snapchat1

 

2018年現在、Snapchatのユーザーはプラットフォーム上で1日あたり100億の膨大な動画を視聴しています。

 

これは2018年2月の80億から増加しています。

 

多くのユーザー、特に若い世代にとって、Snapchatは最も優れたコミュニケーション手段です。

 

これによりSnapchatはインフルエンサーや企業ブランドの活躍する重要なチャネルになりつつあり、米国では多くの企業が急速に乗り込んでいます。

 

 

ヒント

 

・ストーリーは投稿後24時間まで続き、フォロワーは好きなだけ何度もストーリーを再視聴することができる(snapchat)

 

・動画の33%が音声なしで表示されるため、テキストやグラフを挿入するのが好ましい(adweek)

 

・縦フォーマットで動画を撮る。視聴者はネイティブに見えるコンテンツにより関わる傾向がある(Buffer)

 

・ユーザーが面白い又は役立つ一貫した様々な独自コンテンツを提供する(Buffer)

 

・ユーザーの60%以上が毎日アプリのチャット機能を使用している(snapchat)

 

・Snapchatには、友だちのフィードや、友人があなたのコンテンツを閲覧していることを示す機能はありません。そのため、新たなつながりを築く最も優れた方法は、他のネットワーク上の既存のフォロワーをsnapchatに誘導すること(Buffer)

 

 

 

まとめ

 

ここまで、動画マーケティングを行うにあたり各ソーシャルメディアでどのように展開していけばよいのか参考になるヒントをお伝えしてきました。

 

ciscoの調査によれば、2021年までに全インターネットトラフィックの75%は動画になると予測されており、この数年間で動画の重要性が増すことは間違いありません。

 

動画制作はテキストに比べて着手しにくい部分もありますが、各SNSの特性を踏まえつつ動画マーケティングを行うことは不可欠になりつつあります。

 

効率的に動画制作を行うためにも、ここで紹介した活用方法をヒントにして動画マーケティングに取り組みましょう。

 

 

(この記事はBefferなどを参考に制作)

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。