これまでにない、挑戦を。

SEOキーワードの選定方法と集客数の関係

 

SEO対策をするにあたっては、「どのようなキーワードで上位表示を狙うのか」という点がとても重要になります。

 

上位表示を狙うキーワードを、ホームページやブログのタイトルなどに用いることが、現在のSEO対策では欠かせないからです。

 

そのため、この記事ではどのようにキーワードを選定すればよいのか、選定したキーワードから集客数(成約数)を予測する方法についてお伝えしていきます。

 

 

はじめに

 

seo-keyword-select2

 

まず、SEO対策においてキーワード選定が重要な理由としては、次のようになります。

 

・検索エンジン(google・Bing)に、ホームページがどのような内容であるかを正確に知らせるため

 

・いまだSEO対策で結果を出すためには、SEOで狙うキーワードがタイトルに含まれているかどうかがとても重要

 

・タイトルにキーワードを含むことで、ホームページの内容に合致する適切な訪問者(検索者)を誘導でき、滞在時間が伸びることでSEOに効果をもたらす

 

いいかえると、

 

①検索エンジンがホームページの内容を理解できるようにする

 

②検索者がホームページの内容を理解できるようにする

 

このように「検索エンジン」と「検索者」の理解を促進しホームページの内容を知らせるために、適切なキーワードを選定し、タイトルにキーワードを盛り込むことが必要なのです。

 

 

ではなぜ、「タイトル」にキーワードを盛り込む必要があるのかというと、検索エンジンは次のことを重要だと認識するからです。

 

・タイトルタグ(ホームページにおける大元のタイトルに該当)

 

・h1タグ(ブログなどの投稿タイトルにあたり、大見出しに該当)

 

・h2~h4タグ(中見出し・小見出しに該当)

 

タグとは、検索エンジンに「この文章に含まれているキーワードはとても大事です」と伝える役割を果たします。

 

そして、タグの中で最も重要度が高いのが「タイトル」であり、タイトルに「どのようなキーワードを選定し含めるのか」という視点がとても大切なのです。

 

 

では、次からはどのようにタイトルに盛り込むキーワードを選定するのかについてお伝えしていきますが、まずはキーワード選定方法には2つのアプローチがあることを見ていきましょう。

 

 

 

キーワード選定のアプローチ方法

 

seo-keyword-select3

 

キーワードの選定方法は、以下の2つがあります。

 

・検索ニーズが基点

 

・自社(自分)が書きたいことが基点

 

このどちらにおいても、後で述べるステップ1からステップ3の過程を経ることが必ず必要となりますが、どのようなアプローチでキーワードの選定をするのかが異なってきます。

 

検索ニーズを起点とする場合は、

 

・検索者はどのようなキーワードで検索しているのか

 

・検索者はどのようなキーワードの組み合せで検索しているのか

 

このような視点からアプローチします。

 

対して自社(自分)が書きたいことを視点とする場合は、検索者側の視点ではなく、「これまでの経験・知識から伝えられる内容に基づき、タイトルを選定する」という自社視点でのアプローチになります。

 

 

このどちらの視点も重要なのですが、注意する点としては次のようになります。

 

・自社が書きたいことを基点とする場合、検索者が求めていない(検索需要のない)キーワードを選定してしまう可能性がある(ゆえに、もし検索結果の上位に表示されてもアクセスがなく意味がない)

 

・検索ニーズが基点の場合も(検索需要があるキーワードを選定しても)、SEO対策で結果を出すにはコンテンツ(ホームページ・ブログの内容)のオリジナリティが求められるため、どれだけ独自の視点をコンテンツに取り入れることができるかが重要となる

 

さらに簡潔にまとめると、次のようになります。

 

・検索ニーズ(検索需要)の視点は必要

 

・検索者がどのようなキーワードで検索しているのかを把握することは必要

 

・検索者が検索しているキーワードに対して、どれだけオリジナルのコンテンツを提供できるかが重要

 

このような理由から、「検索ニーズ基点」と「自社視点」をうまく融合することが求められます。

 

 

Web上の登場人物は、以下の3者しか存在しません。

 

・自社(書き手):どのようなコンテンツが書けるか

 

・検索者(読み手):どのようなキーワードで検索しているか・どのようなコンテンツを求めているか

 

・検索エンジン(情報整理係):インターネット上のコンテンツを整理し、検索者に提供する

 

そのため、この3者を意識しながらキーワードを選定することが不可欠となります。

 

 

 

3種類のキーワード

 

seo-keyword-select4

 

キーワード選定をするにあたって、大切な概念として「ビッグワード」・「ミドルワード」・「スモールワード」があります。

 

大切な概念のため、それぞれ説明いたします。

 

 

ビッグキーワード

 

「ホームページ」「ダイエット」「本」などのように、検索需要(検索ニーズ)が多いキーワードのことを指します。

 

ビッグキーワードは単一のワードであるがゆえに、検索意図(なぜそのキーワードで検索したのか)がわかりにくい点に注意が必要です。

 

たとえば、「ホームページ」と検索した方は、次のような様々な意図で検索している可能性があります。

 

・ホームページ制作の方法が知りたい

 

・ホームページ制作の業者を探している

 

・ホームページの成り立ちについて調査している

 

そのため、ビッグキーワードで検索上位に表示されたとしても、コンバージョン率(成約率)は低い傾向があります。

 

 

ミドルキーワード

 

ミドルキーワードは、ビッグキーワードよりさらに具体化されたもの(検索意図が明確なもの)になります。

 

たとえば、「ホームページ 作成」というキーワードであれば(ミドルキーワード)、「ホームページ」というキーワードよりも(ビッグキーワードよりも)さらに検索意図が明確です。

 

理由は、「ホームページを作成したいから検索した」という検索者の意図がわかるからです。

 

意図がわかるメリットとしては、次のようなものがあります。

 

・ホームページに用意しておくコンテンツがより明確になる

 

・明確になることで、検索者に対する訴求力が増す

 

・訴求力が増すことで、コンバージョン率(成約率)がアップする

 

・検索者が求めるコンテンツを用意することで、滞在時間や被リンクが増加し、SEO対策に効果をもたらす

 

 

スモールワード

 

スモールワードは、ミドルワードよりもさらに検索意図が明確になります。

 

たとえば、「ホームページ 作成 無料」というキーワードの場合は、「ホームページを無料で作成したい(できるだけ安く作成したい)」という検索意図であることがわかります。

 

そのため、ミドルワードのところで挙げた「ホームページ 作成」というキーワードよりも、どのようなコンテンツを用意するばよいのかがさらに具体的にわかります。

 

「ホームページ 作成 無料」で検索する方に向けては、次のようなコンテンツを用意します

 

・無料でホームページを作成するオススメのサービス紹介

 

・無料でホームページを作成するメリット・デメリット

 

・無料でホームページを作成できるサービスをすべて使用してみた(体験記事)

 

 

なお、ミドルワード・スモールワードは検索意図がより明確になるため、ビッグワードよりも検索需要は少なくなります。

 

しかし、検索需要が多いほど(ビッグワードになるほど)検索意図が明確ではないため、検索需要が少ないことは問題ではなく、ミドルワード・スモールワードになるほどコンバージョン率(成約率)が上昇する傾向にあります。

 

次からは、キーワード選定の3ステップについて見ていきましょう。

 

 

 

ステップ1:キーワードの抽出

 

seo-keyword-step1

 

まずは、「検索者がどのようなキーワードの組み合わせで検索しているのか」を把握します。

 

キーワードの抽出は、「サジェストツール」を用いて行います。

 

サジェストツールとは、実際にどのようなキーワードの組み合わせで検索されているのかを一括して抽出できる機能があるものです。

 

以下のようなツールを用いて、キーワードを抽出していきます。

 

・【関連キーワード取得ツール】:http://www.related-keywords.com/

 

・【goodkeyword】:https://goodkeyword.net/

 

・【KOUHO.jp】:https://kouho.jp/

 

ここでは、関連キーワード取得ツール(http://www.related-keywords.com/)を用いたキーワード抽出方法をご説明いたします。

 

キーワードの抽出は、次の2段階であり、とてもシンプルです。

 

 

第1段階:キーワードの入力

 

関連キーワード取得ツール(http://www.related-keywords.com/)にアクセスすると、次の画面が表示されます。

 

related-keyword

 

「検索キーワード」の部分に、組み合わせを抽出したいキーワードを入力します。

 

今回は、「ホームページ集客」のキーワードで取得していきます。

 

related-keyword-homepage

 

「ホームページ集客」のキーワードを入力し、取得開始ボタンを押すと、次のような画面が表示されます。

 

related-keyword-conclusion

 

これでツールを用いたキーワードの抽出は終了です。

 

 

第2段階:キーワードの把握

 

キーワードを抽出した後は、キーワードの組み合わせを把握していきます。

 

抽出結果を上から確認すると、

 

・「ホームページ集客方法」

 

・「ホームページ集客コツ」

 

・「ホームページ集客代行」

 

・「ホームページ集客 メリット」

 

・「行政書士 ホームページ集客」

 

などのキーワードが抽出されています。

 

このなかから、キーワードを選定していきます。

 

表示されているキーワードの組み合わせは、少なくとも過去に1回は検索されている可能性が高いものになります。

 

 

 

ステップ2:検索需要の調査

 

seo-keyword-step2

 

サジェストツールを用いてキーワードを選定した後は、月間検索需要(月間でどれくらい検索されているか)を調べていきます。

 

月間検索需要の調査は、googleキーワードプランナーを用います。

 

google-keyword-plannner

 

googleキーワードプランナーは、google広告のアカウントを作成することで使用することができます。

 

アカウントを作成すれば、実際に広告を出さなくても月間検索需要を調査することが可能です。

 

ただし、広告を出している場合は具体的な月間検索需要が確認できますが、広告を出していない場合は「10~100」などという形で表示され具体的な月間検索の数字を確認することはできません。

 

 

アカウントを登録した後は、次の段階で進めていきます。

 

 

第1段階

 

アカウントにログインした後、右上の「ツール」をクリック、「キーワードプランナー」をクリックします。

 

google-keyword-select1

 

 

第2段階

 

すると、以下の画面が表示されます。

 

google-keyword-select2

 

左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

 

 

第3段階

 

google-keyword-select3

 

このようにキーワード検索画面が表示されるため、サジェストツールを用いて選定したキーワードを入力します。

 

google-keyword-select4

 

今回は、「ホームページ集客」で月間検索需要を調べます。

 

取得開始を押すと、月間検索需要が取得できます。

 

 

第4段階

 

google-keyword-select8

 

このように月間検索数が表示されます。

 

「ホームページ集客」のキーワードは、日本全国で月間検索数が480回あることがわかります。

 

キーワードを選定するにあたり、月間検索需要を確認することはとても重要です。

 

検索需要がなければ、アクセスの増加は期待できないからです。

 

サジェストツールでキーワードを抽出・選定し、googleキーワードプランナーで需要を調べ、最終的にキーワードを選択します。

 

 

 

ステップ3:競合の調査(検索意図の把握)

 

seo-keyword-step3

 

検索需要を調査し、どのキーワードでSEO対策を施すのかを決定した後は、「検索結果の上位にどのようなホームページが表示されているのか」を確認します。

 

キーワードを選定するのは、検索結果の上位に上げるためです。

 

そのため、キーワードを選定することも重要ですが、「同じキーワードを選定している検索結果上位のホームページがどのようなコンテンツを書いているのか」を把握することも欠かせません。

 

 

検索エンジン(google・Bing)がホームページを評価する指標としては(SEO対策で効果を上げる方法としては)、以下の2つがあります。

 

・被リンク(他のホームページに「こんないいWebサイトがあるよ」と自然発生的に紹介される)

 

・コンテンツの質(検索者の検索意図を充たし、検索ニーズに応える質の高いコンテンツ)

 

被リンクに関しては自らが意図的に行うことは検索エンジンが明確に禁止しているため、自らがコントロールすることができません。

 

そのため、SEO対策をするにあたってあと残されている方法は、「コンテンツの質を高める」ことしかないのです。

 

検索窓で検索したときに、検索結果の上位に表示されるホームページは「今の段階でgoogle・Bingから評価されているサイト」であるといえます。

 

上位に表示されているホームページを確認することで、どのような内容のコンテンツにすればよいのか方向性が明確になり、検索者が求めている内容から大きくズレることを防ぐことができます。

 

 

 

キーワードと集客数の関係

 

seo-keyword-conversion

 

選定したキーワードで、どれくらい集客できるのかを予測する方法をお伝えいたします。

 

上記において、「ホームページ集客」の月間検索数は480回であることを示しました。

 

もし、このキーワードで検索結果の1番目(1ページの1番上)に表示されたとすれば、ホームページの月間訪問者数は約101人になります。

 

理由は、Internet Marketing Ninjasが発表したデータによれば、順位ごとのそれぞれのクリック率が以下のようになるためです。

 

【検索順位別クリック率】

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

 

そのため、1位に表示されたとすれば「480回(人)が検索 ✖ 21.12%のクリック率 = 101.376」となり、約101人が訪問すると予想できます。

 

 

次は、集客数(成約数)を予測していきます。

 

「ホームページ集客」などのキーワードは、「一般ワード」と呼ばれます。

 

一般ワードと対比するものとして、「指名ワード」がありますが、これはブランド名や商品を直接検索される場合を指します。

 

指名ワードはすでに商品・サービスが認知されているため、コンバージョン率(成約率)が高い傾向にあります。

 

それに対して、一般ワードは「情報収集すること」が目的であることがほとんどであるため、指名ワードよりもコンバージョン率は低くなります。

 

 

一般ワードのコンバージョン率は、2%が合格ラインとされます(実際、2%はとても良いほうです)。

 

検索結果の1位に表示され、Webサイトに101人の訪問者し、コンバージョン率が2%とすれば、

 

「101 ✖ 2% = 2.02」となり、約2人の成約が取れると予測することができます。

 

 

ここでは、単純にわかりやすく示すためにWebサイトの再訪や被リンクによるアクセスの増加は計算に含んでいませんが、このように予測をすることで最低限の成約数の見込みを導き出すことが可能です。

 

 

 

まとめ

 

seo-keyword-conclusion

 

キーワード選定においては、以下の点を必ず押さえておく必要があります。

 

・キーワードの組み合わせを意識する(スモールワードになるほど成約率は高くなる傾向があります)

 

・キーワードの月間需要を確認する(検索需要がなければ上位に表示されてもアクセスは増えません)

 

・選定したキーワードのライバル動向(検索意図に対応したコンテンツでなければ、上位に表示は難しいです)

 

この3点を意識しながら、キーワード選定を行っていきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。