NODL365ロゴホームページ集客のお悩みを解決!

被リンクは検索順位と相関関係にある

seo-ranking-referringdomains

SEO対策において、被リンクを増やすことは効果的であるとされます。

被リンクとは、自社のホームページやブログ記事を、他社(他者)のホームページやブログ記事で紹介されることを指します。

seo-link-method

他社(他者)の自発的な「紹介 = 口コミ」が増加することで、ドメイン(URL)の評価が上がるのです。

この記事では、Ahrefsが10億ページを調査した結果をもとに、図解を交えながら被リンクと検索順位の相関関係についてお伝えしていきます。

【この記事の前提】

この記事の基となるデータは、被リンクとアクセス数の相関関係を示すものです。

serp-seo2

この図は検索結果の1ページから10ページまでのアクセス数の割合を示したものですが、検索結果に上位表示されるほどアクセスが増える傾向にあるため(相関があるため)、「アクセスが増える = 検索結果で上位表示されている」という前提でお伝えしていきます。

90.88%は自然検索からのアクセスがない

被リンクについてお伝えする前に、まずはほとんどのページは自然検索からの流入(アクセス)がないことに触れておきます。

no-organic-traffic-content-explorer

この図が示すように、googleにインデックス(サイトが登録)されているページの内、月に100人以上がアクセスしているサイトは1.54%にすぎません。

90.88%のページは、自然検索からのアクセスがゼロなのです。

では、このような違いがどこから生じているのか、次にお伝えいたします。

被リンクが少ないと、アクセス数が減少する

have-zero-referring-domains-content-explorer

この図は、10億ページのうち、55.24%のページは被リンクがゼロであることを示しています。

そして、29.79%のページが3つ以下の被リンクを得ているのです。

このことからわかるように、大半のページは被リンクを得ていません。

referring-domains-organic-search-traffic-content-explorer

この図は、「被リンク」と「検索トラフィック(検索からのアクセス)」の相関関係を示しています。

このように、被リンクが増えるほど、自然検索のトラフィックが増加していることが確認できます。

ここで注意する点としては、「相関関係は因果関係ではない」という点です。

つまり、この図は被リンクがアクセス数の増加に寄与することを直接的に証明するものではありません。

しかしながら、SEOの専門家であれば、現在の1ページ目のサイトに大量の被リンクがある場合、短期的にトップ10の検索結果に食い込むことには難色を示すでしょう。

一つの解決策:競争の低いキーワードを見つける

上記でお伝えしたように、被リンクはサイトのアクセス数を増やすために重要な要素です。

しかしながら、被リンクは意図的に増やせるものではありませんし、意図的に増やすとペナルティを課される危険性があります。

つまり、目に見えない「誰か」に頼らざるを得ず、「こちら側」では操作のしようがないのです。

そのため、一つの解決策としては、競合が弱いニッチなキーワードを拾っていくことです。

estimated-traffic-dr-60-zero-backlinks

この図は、「被リンクがゼロ」又は「ドメイン評価が60以下(それほどドメインの評価が高くない)」ページであっても、100万ページをはるかに超えるアクセス数を得ていることを示しています。

これらのページの多くは、競合が弱いニッチキーワード(複合キーワード)を選択しています。

ニッチキーワード(目安として検索数が300以下)では、1ページ単位でのアクセス数は少なくなります。

しかし、「アクセス数の増加 = コンバージョン(成約)の増加ではない」ことを忘れてはいけません。

ニッチキーワードになるほど、検索者の意図・ニーズがより明確になるため、それに沿うコンテンツを提供することでコンバージョンの増加を図ることができます。

ニッチキーワードを拾い集めて、コンテンツマーケティングを多角的に展開することで、より見込み度の高いお客様を数多く集めることが可能となるのです。

まとめ

被リンクが増えると、アクセス数が増加します(つまり、相関関係があります)。

そして、検索順位が上がるほどアクセス数は増加する傾向にあるため、「被リンクの増加 = 検索順位の向上 = アクセス数の増加」という相関関係があることがわかります(因果関係ではありません)。

被リンクは、「こちら側」でできることには限界があります。

そのため、競合を踏まえた適切なキーワードを調査を行い、複合キーワードを狙っていくことが各ページの検索順位の向上・アクセス数の増加を図るための第一歩となります。

(この記事は、ahrefs.comの記事を参考に制作)

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します! 個人事業主に特化したホームページ制作を行っております。 とにかく成約率にこだわり、事業主の人が伝わるHP制作をしっかりと行います。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 ホームページ集客の専門家としてお役に立てますので、お困りごとがございましたら些細なことでも、以下の「無料電話相談予約」か「メールで相談」にてお気軽にお問い合わせください!