NODL365ロゴホームページ集客のお悩みを解決!

SEO対策とPPC広告の違いと対策方法

まずは、SEO対策とPPC広告にはどのような違いあるかについて少し触れておきます。

SEO対策とは、何らかのキーワード(例えば「ホームページ 集客」など)で検索したときに、自社のホームページやブログ記事が検索結果に上位表示されることを狙うものです。

一方、PPC広告は検索されるキーワードに対応した広告をお金を払って出すことで、検索結果に上位表示されることを狙います。

seo-ppc-different-method

これは「seo ppc」と検索したときの検索結果ですが、PPC広告は通常の検索結果(SEO対策)よりも上位表示されていることがわかります。

seo-ppc-different-method2

また、このように検索結果の最下部にも、PPC広告は掲載されます。

検索エンジン(google/bing)の最大の収入源は、このような広告枠を提供することにあります。

そのため、広告を優先的に表示するのです。

ただし、これはSEO対策とPPC広告の優劣を示すものではありません。

それぞれに一長一短の特徴があるのです。

そのため、以下においてはそれぞれの違い・特徴・対策方法について詳しくお伝えしていきます。

SEO対策について

seo-ppc-different-method1

まずは、SEO対策について見ていきましょう。

SEO対策は難しく、専門家でしかできないと思われがちですが、実は意外とそうではないのです。

SEO対策の2つの要素

SEO対策には大きく分けると、内部対策と外部対策の2つの要素があります。

naibu-gaibu-link-seo

内部対策

内部対策とは、「内部 = 自社でできること」を意味します。

内部対策でやるべきことは以下のような項目であり、すべてホームページやブログの運営者ができることです。

・適切なタイトルの設定

・適切なディスクリプション(説明欄)の設定

・ページの表示速度の速さ

・スマートフォン対応

・検索者の意図を満たす質の高いコンテンツを作成する

内部対策には、このようなものがあります。

タイトルにどのようなキーワード(単語)を含めるかは、未だ検索エンジンにどのようなホームページであるかを伝えるために重要な要素です。

また、タイトルやディスクリプションの訴求力よって、検索結果に表示された際のクリック率が異なってきます(アクセス数が変わってきます)。

googleはユーザーファーストを掲げているため、ページの表示速度やスマートフォン対応はとても重要です。

表示速度が遅ければユーザーの満足度は下がりますし、スマートフォン対応していなければホームページやブログのコンテンツが見にくいからです。

検索ユーザーが検索するのは、「自分が欲しい情報を手に入れたい」からです。

そのため、検索ユーザーが求めている質の高いコンテンツ(ホームページやブログの内容)を提供しなければ、SEO対策で上位表示されることはありませんし、上位表示されたとしても長期的に見ると間違いなく順位は下がるでしょう。

googleは検索ユーザーの満足度を高め、維持することが必要です。

そうしなければ、検索ユーザーが離れ、誰も広告を出さなくなってしまいます(広告効果が下がる)。

そのため、検索者が本当に求めている情報を検索結果に表示するために、日々アルゴリズムの精度を高めアップデートしているのです。

内部対策をするにあたっては、検索エンジンから評価され検索順位を上げることを考える前に、まずはその先にいる「検索ユーザー」のことを第一に考える必要があります。

検索エンジンはあくまでも、検索ユーザー(需要)とホームページ・ブログ(供給)をつなぐ役割を果たしているにすぎません。

検索ユーザーのことを考える総合的な内部対策施策を取れば、おのずとページが評価され、検索順位は向上します。

この考え方は検索エンジンの理念と合致するものであり、方向性としてまずは検索ユーザーを第一に考えるのです。

外部対策

外部対策とは、自社のホームページやブログ記事が、他のホームページやブログ記事にリンクされる(紹介される)ことを指します。

たとえば、ヤフー知恵袋での質問に対する回答で、よく「このURLが参考になりますよ」という形で紹介されていることがあるかと思います。

まさしく、あれがリンクに該当します。

seo-link-method

この図のように、役に立つホームページやブログ記事を作成し、他社(他者)から「このページが参考になるよ」という形で紹介される(リンクされる)ことが外部対策に当たります。

このリンクされることを、「被リンク」といいます。

この被リンクは、あくまでホームページ・ブログ運営者以外が増やすことのできるルールになっています。

つまり、自社(自分自身)で被リンクを増やすことは明確に禁止されています。

被リンクはいまでも検索エンジンからの評価を上げるための重要な要素ですが、自作自演の被リンクを構築してはいけません。

なぜなら、それは検索エンジンを欺く行為になるからです。

検索エンジンは日々アップデートを繰り返し(例として、パンダアップデート・ペンギンアップデートなど)、自作自演の被リンクは見破られるようになっており、ペナルティを課される可能性があります。

ペナルティを課されると、検索順位が下がるだけでなく、インデックス(ページの登録)が取り消され検索結果自体に表示されなくなる場合もあります。

そのため、被リンクに関してはあくまで「自然と」増えるのを待つしかないのです。

つまり、内部対策しかやれることがない

naibu-gaibu-link-seo1

外部対策(被リンクを増やすこと)は、「こちら側(自社又は自分自身)」でコントロールすることができません。

最終的にURLを紹介したり、URLを共有するかどうかは、すべて会ったこともないユーザーが決めることだからです。

そのため、SEO対策でやれることは事実上、内部対策しかありません。

上記で説明したように、ホームページやブログのタイトルに適切なキーワードを含める、スマートフォン対応にする、検索ユーザーに役立つ価値あるコンテンツを作っていく。

このような、「こちら側できること = 内部対策」を淡々を行っていくしかないのです。

そもそも、価値あるコンテンツとは何か

検索エンジンという仕組みがビジネスとして成り立っているのは、検索ユーザーの存在があるからです。

そもそも、検索ユーザーがいなければ成り立たちませんし、検索エンジンの信用を失えばユーザーが離れ、誰も広告を出さなくなります(つまり、ビジネスとして成り立ちません)。

そのため、検索エンジンはユーザーファーストに基づいて様々な対策を打ち、その内最も重要なのは「検索ユーザーの満足度を上げること」です。

検索ユーザーの満足度を上げるとは、言い換えると「検索ユーザーが欲しい情報を楽に手に入るようにアシストする」ことです。

検索ユーザーが検索する際の意図としては、以下の4種類になります。

four-seo-keywors-mind

・情報型(情報を得たい)

「アメリカ 観光地」「富士山 高さ」「新幹線 早さ」など

・取引型(買い物がしたい)

「靴 購入」「アメックス 入会」「保険 資料請求」など

・案内型(特定のキーワードを直指定)

「amazon」「楽天」「Facebook」など

・エリア型(特定のエリアでお店を探す)

「珈琲店」「セブンイレブン」「ガソリンスタンド」など

この4つの検索意図(キーワード)からわかるように、検索ユーザーが欲しいものは「情報」なのです。

情報が欲しいがために、検索窓にキーワードを打ち込むのです。

検索エンジンは、検索ユーザーに良質な情報を提供することが至上命題です。

そして、私たちはそれをアシストしなければなりません。

つまり、検索ユーザーの意図を満たし、検索ユーザーのためになるホームページやブログ記事を作成することで検索エンジンの「良質な情報を提供する」ことに協力するのです。

そうすることで、自然と検索順位は向上していきます。

価値あるコンテンツにするポイント

コンテンツを価値あるものにするには、まず「タイトルを魅力的なものにする」ことが重要なポイントとなります。

タイトルをどのようなものにするかで、内容の良し悪しが左右されるからです。

たとえば、

【A】:「SEO対策のポイント」

【B】:「上位表示なんて簡単! 3つのポイントを押さえるだけで最短で上位表示できます!」

このどちらのタイトルが魅力に感じるでしょうか?

多くの方は、「B」ではないでしょうか。

魅力あるコンテンツを作るコツは、まずタイトルを工夫することです。

そうすることで、コンテンツ自体も魅力的になりますし、クリック率も向上しアクセスの増加が見込めます。

SEO対策のよくある3つの疑問

ここで、SEO対策のよくある疑問についてお答えいたします。

1:すぐに上位表示されますか?

上位表示されるためには、3か月から6か月は見ておいた方がよいでしょう。

競合が弱い場合などは数週間で上位表示されることもありますが、少なくとも3か月はかかるという腹積もりが必要です。

SEO対策において、すぐに結果を求めるのは避けた方がよいでしょう。

2:なぜ、自分のホームページは上位表示されないの?

上位表示されていないケースで多い原因は、以下の3つです。

①タイトルに適切なキーワードが含まれていない

たとえば、「大阪 キャリアカウンセラー」で上位表示を狙いたいにも関わらず、タイトルに「キャリアカウンセラーなら○○」などと会社名しか入れていないケースがあります。

必ず、上位表示を狙うキーワードの組み合わせをタイトルに入れなければなりません。

「大阪のキャリアカウンセラーなら| ○○」などのタイトルにすることが好ましいです。

②コンテンツが薄い

ここでいう薄いとは、コンテンツの「広さ」と「深さ」のことを指します。

広さとは、サイトに用意されている関連記事の多さ。

深さとは、検索ユーザーの検索意図を踏まえて、ページごとにどれくらい深く記事が書かれているか。

また、セールスページにおいてはお客様のニーズを踏まえて適切な訴求がなされているか。

これらのことを意味し、「検索ユーザーの役に立たないコンテンツ = 薄いコンテンツ」は上位表示される見込みはとても低くなります。

もしこのようなコンテンツが上位表示されたとしても、得するのは自社(自分)だけです。

検索ユーザーは読まずにすぐ離脱するでしょうし、検索ユーザーからの検索エンジンの評価(イメージ)は下がるでしょう。

そのため、競合が弱くない限り、薄いコンテンツが上位表示される確率は低いといえます。

③上位表示されている競合が強い

上位表示されている競合が、被リンクが多かったり、コンテンツが広く・深い場合は長期的視野で戦略を立てる必要があります。

これらは、ビッグキーワード(例えば、「ダイエット」など)で起こるケースがほとんどです。

ビッグキーワードを狙ってもよいですが、できるだけロングテールキーワード(ニッチキーワード)を同時に狙うことをオススメします。

ロングテールキーワードとは、以下のようなものです。

「ダイエット サプリ 種類」

「ダイエット 朝ごはん 方法」

「ダイエット 青汁 効果は」

ロングテールキーワードは、このような複合ワードになります。

1キーワードごとの検索数は少なくなりますが、検索意図が明確であるため、成約につながりやすくなるのが特徴です。

3:文字数は多ければいいの?

文字数は多ければいいものではありません。

「文字数が多い = 余分な情報が多い」場合があるため、文字数が多ければ上位表示されるわけではないのです。

アメリカの著名なマーケターであるニール・パテル氏の調査のよれば、コンテンツマーケティングを本格的に展開している企業の平均文字数は2000字前後となっています。

必然的に文字数が多くなるのは問題ありませんが、最初から「1万字書かなければならない」などと思うのは間違いです。

まずは、検索ユーザーがどのような情報を求めているのかを考え、調査し、それを体系的にまとめることが重要です。

実際にニール・パテル氏は3万字と3千字のSEO対策に関する記事を作成したところ、3千字の方が上位表示されているようです(もちろん順位変動はあります)。

まずは、検索ユーザーの視点に立って記事の内容を考えるべきであり、文字数から考えるのは的外れです。

SEOとSNSの本質的な違い

最後に、SEOとSNSの本質的な違いについてお伝えいたします。

SEOは、「プル型」のマーケティング手法にあたります。

seo-pull-strategy

SEOの場合は、まずは検索ユーザーが検索しないとホームページやブログに辿り着くことはありません。

そして、アクセスしてきた人が相手が求めている情報を提供することが原則的なスタンスとなります。

一方、SNSは「プッシュ型」のマーケティング手法になります。

sns-push-strategy

自社(自分)の投稿がSNSのフィードに流れ、そのタイトルや内容がキャッチーでなければ(魅力があり引きつけるものでなければ)、ホームページやブログに誘導することは難しくなります。

なぜなら、キャッチーでなければ、そもそもURLがクリックされる可能性が低いからです。

プッシュ型(SNS)の手法は、プル型(SEO)よりも難易度は高くなる傾向にあります。

プル型はユーザーが望む情報をあらかじめ用意すればよいですが、プッシュ型はキャッチーなタイトルなどをつける必要があるからです。

決してプル型が簡単なわけではないですが、プッシュ型はよりセンスが問われてきますし、キャッチーなタイトルを付けるのが合わない方もおられます(キャッチーなものはどうしても表現が大げさになりがちなため)。

そのため、プル型とプッシュ型の特性を押させて、運用することが重要となります。

PPC広告について

seo-ppc-different-method2

次は、PPC広告について見ていきましょう。

PPC広告を用いることで、短期的にアクセス数を増やすだけでなく、成約数を上げることも可能になります。

PPC広告とはどのようなものか

PPC広告は、検索ユーザーが検索したキーワードに対応して広告を出す手法のことです。

たとえば、「ホームページ 集客アップ」と検索すると以下のような広告が出ます。

ppc-header-appeal

これらの広告は、「ホームページ」・「集客アップ」というキーワードで検索された際に、広告が出るように設定されているのです。

PPC広告を用いることで、露出が増加し、アクセス数のアップが見込めます。

費用対効果を考える

PPC広告を出す場合には、まず費用対効果を考えなければなりません。

たとえば、月間検索数が500のキーワードを狙うとして、広告のクリック率が5%とします。

そうすると、月間で25人のユーザーがサイトにアクセスすることになります。

コンバージョン率(成約率)が1%とすると、単純計算で0.25の成約が発生します。

つまり、誰からもお問い合わせがないことになります。

そして、クリックごとの単価が100円とすると、25人がクリックしているため、月間で2500円の広告費がかかることになるのです。

そのため、1ヶ月の期間で考えると、2500円の投資(広告費)に対して売上は発生しないことになります(広告の費用対効果はゼロ)。

seo-keyword-conversion-flow-price

しかし、4か月という期間で見るとどうでしょうか?

4か月では、100人がサイトに訪問することになります(広告からは1ヶ月で25人が訪問するため)。

成約率が1%とすると、4か月で初めて1人の成約が発生します。

そして、広告費は10000円かかることになります(1ヶ月で2500円必要なため)。

成約といっても、それが「予約」なのか「お問い合わせ」なのかによっても見込み度は違いますが、少なくとも10000円投資することで、1人のアクションを得られるのです。

つまり、この1人から10000円以上の売上が見込めるのであれば、PPC広告を出すことによる費用対効果はあることになります。

seo-keyword-conversion-flow-price2

PPC広告成功の2つのカギ

PPC広告をうまく運用するためには、「適切なキーワード選定」と「訴求力の高い広告文」を作成することが欠かせません。

以下、それぞれについてお伝えいたします。

1:キーワード選定

PPC広告におけるキーワード選定の重要な点は、「今すぐ客」を狙うことです。

rightnow-future-customer

このようにお客様は、「今すぐ客」・「そのうち客/おなやみ客」・「無関心」に分類できるのですが、PPC広告では「今すぐ客」に焦点を当てます。

なぜなら、それぞれのカテゴリーにおけるお客様で、検索する際に打ち込むキーワードが異なってくるからです。

たとえば、ホームページ作成の依頼を考えているお客様の場合、次のように検索するキーワードが異なります。

mostconversion-near-keywords-seo

このように、今すぐ客ほど「成約に近いキーワード(購買意欲の高いキーワード)」となり、PPC広告において効果的なのです。

広告は、「購入意欲が高いお客様」に向けて出すほど効果的です。

「ホームページ 制作業者」のキーワードで広告を出すのと、「ホームページ 作り方」のキーワードで広告を出すのでは、反応率が違います。

「ホームページ 作り方」で検索する方は、まだ「どのようにホームページを作ったら良いのか」を模索している段階か、「自分自身でホームページを作ろうとしてる方」の可能性が高くなります。

ホームページを作ることに興味・関心があったとても、成約(購買)に近い人ではないのです。

なお、「ホームページ 作り方」・「ホームページ メリット」などの成約に遠いキーワードの場合は、コンテンツマーケティングがオススメです。

これらの検索キーワードに対応する質の高い記事を書くことで、検索ユーザー(お客様となりえる方)の疑問を解決し、信頼を得て成約にまでつなげていくのです。

2:広告文の内容

広告文の訴求力の高さで、クリック率・成約率は変わります。

たとえば、なるべく早く結果を出すことを望んでいる方が「ホームページ制作 依頼」というキーワードで検索したときに、

A:「ホームページ制作なら| 安心の○○会社」

B:「どうしても最短で結果を出したい人のためのホームページ制作| 多くの喜びの声を頂いています!」

この2つの広告文が出ている場合、どちらをクリックしたくなるでしょうか?

多くの方が、「B」を選ぶでしょう。

なぜBが良いかというと、お客様にとってのメリットやベネフィット(商品を手に入れることで得られる未来)がきちんと文章で訴求されている(イメージができる)からです。

また、広告文とホームページの本文の訴求内容を一致させることも重要です。

広告文と本文がマッチしていなければ、広告文を読んで期待してアクセスしたお客様は離脱し、成約につながることはないでしょう。

無駄に広告費を消費することにもなりますので、注意しましょう。

PPC広告のよくある3つの疑問

ここでは、PPC広告に関してよくある疑問をお伝えいたします。

よくある内容は、以下の3つです。

1:そもそも広告はクリックされるの?

クリックする人もいれば、クリックしない人もいる、というのが正確な回答ではないでしょうか。

クリックする・しないという白・黒ではなく、すべては状況です。

広告文の訴求力が高ければ、本来クリックしない人でもクリックするかもしれません。

悩みが深かったり、緊急度が高いほど、広告かどうかに関係なくクリックする確率は高まります(そのため、キーワード選定が重要なのです)。

2:広告を出すとお客様に嫌がられるのではないですか?

嫌がる人もいますが、もしクレームをつけられても放っておくのが得策です。

そもそも、世の中は広告だらけです。

どのニュースサイトでも広告が入っていますし、町を歩けば色んな所に広告があります。

むしろ、広告があるのが前提で見ているため、もはや視界にすら入っていない場合も多いのではないでしょうか?(無意識で無視している)

ページをスクロールして見ている時にポップアップで大画面の広告が出るような一部の嫌われる広告はありますが、それ以外は気にする必要はありません。

3:広告を出すとお金がかかるけど、本当に効果は出るの?

効果は出ます。

しかし、そのためにはPDCA(サイトの改善)を繰り返す必要があります。

適切なキーワードを選定し、訴求力の高い広告文を出して見込み度の高いアクセスを得る。

そのアクセスに対して、しっかりとコンテンツを作り込んで訴求することで、取りこぼすことなく成約にまでつなげる。

このステップに基づいた改善を繰り返すことで、広告の費用対効果は上がっていきます。

間違っても、広告の設定・サイトのコンテンツともに、作って終わりにしてはいけません。

キーワード選定の方法

PPC広告におけるキーワードの選定方法は、次のようになります。

キーワード選定には、googleキーワードプランナーを使います。

googleキーワードプランナー

googleキーワードプランナーは、googleアカウントを持っている方なら誰でも利用できます。

key-plannner1

googleキーワードプランナーにログインすると、右上に「ツール」ボタンをクリックし、「キーワードプランナー」をクリックします。

key-plannner2

すると画面が遷移するため、左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

key-plannner3

PPC広告で狙うキーワード(検索ユーザーが検索するキーワード)を入力し、「開始する」をクリックします。

key-plannner4

今回は「ダイエット アプリ」で調査しました。

その結果、月間検索数が390回あり、広告を出す場合は最低額が「70円」・最高額が「163円」であることがわかります。

1クリック163円以上を出すと、広告が最も露出の高い場所に掲載される可能性が高くなるのです。

1クリックがいくらであるかも重要ですが、月間検索数があるかという点も非常に大切です。

もし月間検索数が0回であれば、誰も検索しないため(ニーズがないため)、広告を出したとしてもアクセスが集まりません。

そのため、月間検索数があるもので広告を出すようにしましょう。

SEO対策とPPC広告の比較

mostconversion-near-keywords-seo1

ホームページを作成して間もない頃は、PPC広告を用いることで早期にアクセスを集めることが可能です。

ただし、「アクセス数の増加 = 成約数の増加」ではないことに注意しましょう。

アクセス数を増やすことは、サイトからの成約を増やすための第一歩にすぎません。

SEO対策においては、アクセスが集まるまで数カ月はかかるものの、価値あるコンテンツを作成し検索の上位表示を維持できれば無料でアクセスを集められます。

PPC広告でアクセス集めるには永久的に広告費が必要となってくるため、この点で両者は異なります。

狙えるキーワード数においては、PPC広告は設定次第で複数のキーワードからアクセスを集められるものの、SEO対策は1ページで最大3キーワードが目安となります。

SEO対策では、欲張ってタイトルにキーワードを入れすぎると、上位表示されにくい傾向があるからです。

まとめ

seo-ppc-different-method3

SEO対策とPPC広告には、それぞれ一長一短があります。

そのため、それぞれの特徴を押さえて運用していくことが求められます。

SEO対策は、結果が出るまでに一定の時間を要しますが、「価値あるコンテンツ」を作成すれば資産となり、長期的に一定のアクセスをもたらしてくれます。

「SEO対策 = 無料」という印象を持っている方も多く、確かに無料ではあるものの、競合が強いキーワードほど上位表示にはそれなりの労力がかかります。

PPC広告は、すぐにアクセスが集まられますが、アクセスが集まれば成約につながるわけではありません。

せっかくお金を払って集めたアクセスを取りこぼさないように、しっかりとサイトのコンテンツを強化していくことが必要となります。

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します! 個人事業主に特化したホームページ制作を行っております。 とにかく成約率にこだわり、事業主の人が伝わるHP制作をしっかりと行います。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 ホームページ集客の専門家としてお役に立てますので、お困りごとがございましたら些細なことでも、以下の「無料電話相談予約」か「メールで相談」にてお気軽にお問い合わせください!