これまでにない、挑戦を。

ホームページにおけるプロフィール・自己紹介の書き方

 

ホームページ集客において、プロフィールはとても重要な要素です。

 

ただ会社情報を伝えるだけのホームページではなく、集客目的でホームページを制作している個人事業主の場合は特に重要です。

 

そのため、この記事ではホームページのプロフィールが欠かせない理由や書き方についてお伝えしていきます。

 

 

プロフィールが重要な3つの理由

 

homepage-profile-3reasons

 

理由1:プロフィールページのアクセスが多い

 

ホームページでアクセス解析を行うと、プロフィールページの訪問数は他のページよりも多い傾向があります。

 

これは特に、士業や個人経営のサロンなどの場合が顕著です。

 

理由としては、お問い合わせや予約をする前に「どのような人が対応してくれるのか」を確認するためです。

 

・信頼できそうか

 

・良い人そうか

 

・どのような経歴があるのか

 

このようなことを確認することで、不安を解消するのです。

 

 

理由2:誰から買うかに価値がある

 

現代は、モノやサービスが溢れています。

 

このような状況では、商品やサービスだけで単純に甲乙つけがたいのは否めません。

 

しかし、人の生き方やサービスを始めた動機というは、人それぞれです。

 

商品・サービスの優劣だけでなく、「この人から買いたい」という基準を新たに持ち込むことが必要なのです。

 

 

理由3:理想的なお客様と出会える

 

良いプロフィールを書くことで、紹介(口コミ)が自然と生まれるようになります。

 

なぜかというと、「お客様が自分自身のことをしっかりと理解してくれる」からです。

 

もちろん、きちんとサービス提供するだけでも紹介は生まれるものですが、特に個人事業主の場合は「人」の要素を絡めることがより効果的です。

 

個人事業主は、自分という「人」が表立ってサービスを提供するからです。

 

そして、既存のお客様が新しいお客様を紹介していただく際は、プロフィールの内容から新しいお客様が求めているものに適した紹介をしていただけます。

 

それはたとえば、

 

・専門分野

 

・出身大学

 

・家族構成

 

・起業・開業のきっかけ

 

・実績

 

など様々な項目の可能性があります。

 

より深く知っている相手ほど、紹介する際にはより多くの引き出しから紹介内容を決めることができます。

 

プロフィールをしっかり書くことで、目の前のお客様だけでなく、様々なお客様に派生してサービスの魅了・自分自身の魅力が伝わっていくのです。

 

 

 

プロフィールの良い例と悪い例

 

homepage-profile-goodbad

 

ここでは、どのようなプロフィールが良いのかについて事例をお見せします。

 

今回は例として、士業のプロフィールを想定して作成いたしました。

 

 

悪い例

 

昭和〇〇年生まれ

〇〇県出身

一般社団法人〇〇 代表理事

〇〇委員会 代表

19〇〇年:〇〇大学卒業

19〇〇年:司法試験合格、第〇〇期司法修士生

19〇〇年:弁護士登録

19〇〇年:弁護士事務所開業

法律に関する著書はこれまで10冊

20〇〇年度は、法律に関するセミナー開催30件

 

 

良い例

 

昭和〇〇年、〇〇県◯◯市で生まれました。

 

〇〇大学卒業後、3年かけて司法試験に合格しました。

 

弁護士になったのは、中学生の頃から「地元◯◯市のために役 に立つことがしたい」という想いがあったからです。

 

東京の◯◯法律事務所で5年間、◯◯県の◯◯法律事務所で4年間経験を積んだ後、19◯◯年に今の事務所を開業いたしました。

 

債務問題・相続問題などを中心に、これまで約◯◯〇件の案件に携わらせていただきました。

 

クライアント様からは 「問題が解決して気持ちがほんと楽になった」「人に相談できない内容の問題を丁寧に聞いてくれて助かった」などのお言葉をいただき、ほんとうに嬉しい気持ちになりました。

 

 

弁護士という職業はどうしても固いイメージがあり、なかなか相談相手と して選択肢に挙がりにくい部分があるかと思います。

 

そして実際に、相談していればすぐに解決していた問題も、先延ばししていたがために問題が大きくなり収拾がつかなくなってしまうケースも多いのです。

 

私はもうこのようなケースはもう見たくないため、もっと「身近法律家」になろうと決めたのです。

 

サービス業を行っている身として、当たり前のことを当たり前にすることを忘れません。

 

相談しやすい環境を整え、いつも明るく、親切、丁寧に接し、◯◯市に住む皆さんのお困り事が1件でも多く解決するように精進いたします。

 

 

趣味はスポーツ観戦で、特に野球が好きです。

 

いつもはテレビでの観戦で我慢していますが、月に1度は球場に足を運んで生の試合を観戦しています。

 

最近ではメジャーリーグもよく観るようになったため、人生で1回はアメリカで生観戦してみたいものです。

 

 

どちらが良いでしょうか?

 

2つのプロフィールを読んで、どちらの弁護士に相談してみようと思いましたか?

 

多くの方は、良い例を選択するのではないでしょうか。

 

悪い例のように書かれているプロフィールは、意外と多くあります。

 

ここでは士業を例にプロフィールを書いてみましたが、スクール関連やサロン経営を行っている方のプロフィールでも悪い例に近いものが多く見られます。

 

では、なぜ良い例の方がいいのかというと、以下の3つの重要なポイントを踏まえているからです。

 

 

 

プロフィール制作で重要な3つのポイント

 

homepage-profile-3point

 

ポイント1:「人間性」が見える

 

上記の例でいいますと、悪い例はただ経歴の網羅で終わっていますが、良い例は経歴を踏まえながら、弁護士になったきっかけや想いという背景が伝わります。

 

プロフィールは、自分自身という「人」を理解してもらうためにあるため、ただ単純に経歴を並べただけでは会ったこともない相手に理解してもらうことはできません。

 

人間性を伝えるためには、「きっかけ」や「動機」という自分自身の「想い」を中心にプロフィールを書くことが必要です。

 

たとえば、

 

・今の仕事に就いたきっかけ

 

・事務所や店舗を開業したきっかけ

 

・今の場所で開業したきっかけ

 

・お客様にどうなってほしいのか?(それはなぜか?)

 

・お客様と接する際に、いつも心掛けていること

 

このようなことをストーリーで展開することにより、自分自身の背景をより理解してもらうことができるのです。

 

 

ポイント2:共感してもらう

 

プロフィールを読んで共感してもらうことは、お客様とのつながりを深めるために欠かせません。

 

たとえば、

 

・同じ地元

 

・同じ出身大学

 

・同じ会社出身

 

このようなことが同じなだけでも、つながりは深まります。

 

共感とは、具体的にいうと、

 

・そうなんだ!

 

・わかる、わかる

 

・その考え、いいね

 

このような感情のことです。

 

お客様の感情を揺さぶるには、経歴を踏まえながら、

 

・想い

 

・背景

 

・考え

 

といった要素をストーリーにし、丁寧に言葉で伝えることが必要です。

 

起業・開業されている方で、想いや考えを持っていない方はいないでしょう。

 

 

 

ポイント3:文字量のバランス

 

経歴だけの網羅だと文字数は少なくなりますが、きちんと自分自身の背景や想いを踏まえたプロフィールであれば、最低でも1000字は書けるはずです。

 

もし1000文字に届かない場合、単純に「書く材料が揃っていない」可能性が非常に高いです。

 

プロフィールの文字数自体は、短すぎると伝わりませんが、長すぎてもじっくりとはあまり読まれません。

 

なかにはじっくり読まれる方もいますが、最近ではスマートフォンからのホームページの閲覧が非常に多いため、長すぎると飛ばし読みされる傾向が高いのです。

 

ここでいう長すぎる基準としては、5000文字以上を指しています。

 

プロフィールの理想的な文字数としては、1000文字から3500文字です。

注意点として、ただ文字数を増やすための冗長な書き方は避けましょう。

 

理想的な文字数でしっかりと書かれてあるプロフィールが最適なのであり、文字数を意識しすぎてむやみに増やすことで一貫性がなくなり、結局まとまらずに何を言っているのかわからない文章になってしまいます。

 

 

 

プロフィール制作のステップ

 

homepage-profile-3step

 

ステップ1:材料集め

 

まずは、プロフィールの材料集めです。

 

材料さえ揃っていれば、あとはそれをどう取捨選択するかの問題になります。

 

材料集めは、いいかえると「自分自身のヒアリング」です。

 

これまでの経緯や自分自身の想いを棚卸ししていきます。

 

以下の質問に答え、自分自身に対するヒアリングを行ってみてください。

 

面倒くさい作業かもしれませんが、材料が集まらないことには、書くことができません。

 

そのため、1つ1つの質問にできるだけ丁寧に考えて回答してみてください。

 

 

【仕事編】

 

・改めて、プロフィールを作る目的は何ですか?

 

・今の仕事は具体的にどのようなものですか?

 

・どのようなお客様が多い傾向にありますか?

 

・今の仕事を通じて、お客様にどんな価値を提供していると思いますか?

 

・先生がお客様から言われて嬉しかった言葉は何ですか?(できれば 3つ以上)

 

・今の仕事をしていて充実感を感じるのはどんなときですか?

 

・仕事の際に心がけていることは何ですか?

 

・今のお仕事に就かれる前は、何か別のお仕事をされていたことはありますか?(ある場合は、その時の経験で現在の仕事につながる経験はありますか? )

 

・今の仕事と過去の仕事、それぞれ辛かった時期や失敗経験はありますか?(ある場合、それは今どのような糧になっていますか?)

 

・ライバルとなる同業者を挙げてください。

 

・その同業者とは、どのような違いがありますか?

 

・お客様が自社を選ぶ理由として、どのようなものがありますか?

 

 

【学生編】

 

・生まれ育った場所はどんなところですか?(その生育環境が今につながっている部分はありますか?)

 

・昔から続けていることはありますか?(もしあれば回答してください)

 

・ご両親によく言われたことはどんなことですか?(そこから自分にはどのような特性があると思いますか?)

 

・学生時代のアルバイトはどんなことをされていましたか?(そのアルバイト経験が今活きていることはありますか?)

 

・何かスポーツはされていましたか?(していたのであれば、その経験が今にどう結びついていますか?)

 

 

【価値観編】

 

・お仕事で一番やる気が出るのはどんな時ですか?

 

・尊敬する人は誰ですか?(それはなぜですか?)

 

・ できればやりたくないことはどんなことですか?(それはなぜですか?)

 

・近い将来、叶えるために努力していることはなんですか?(それはなぜですか?)

 

・展望として、今の仕事を通してどのようになりたいですか?

 

 

【プライベート編】

 

・趣味は何ですか?(それはなぜですか?)

 

・少しでも人に自慢できる特技があれば回答してください

 

・好きな本は何ですか(それはなぜですか?)

 

・好きな旅行先や場所はどこですか?(それはなぜですか?)

 

・座右の銘を回答してください(どうしてその座右の銘になのですか?)

 

 

【周囲の人に聞く質問(3人に回答してもらう)】

 

・私の仕事中の印象はどんな感じですか?

 

・私のプライベート中の印象はどんな感じですか?

 

・私を紹介するとしたら、どのように紹介しますか?

 

 

ステップ2:集めた材料を組み立て、実際に書く

 

ステップ1の質問に丁寧に答えた場合、すでに書くための材料は揃っています。

 

あとは、その材料をどう組み立てるかの勝負です。

 

最初は難しく考えず、ひとまず自分の思うように書いてみましょう。

 

 

ステップ3:改善・修正・完成

 

書いたものは、率直な意見をくれる人に見てもらいましょう。

 

・文章がまとまっていない

 

・文章が固くて、「人」が伝わらない

 

・魅力が伝わらない

 

・本当のところが出ておらず、まだ自分を隠している

 

・何か共感できない

 

このような意見をどんどんもらい、改善・修正をしていきましょう。

 

一度書いたものをリライトするのはとてもめんどうな作業ですが、ホームページのプロフィールページは自分自身の分身であり、自分をアピールするためにとても重要なものです。

 

しっかりしたプロフィールを一度作ってしまえば、書き直すこともほとんどないため、今のめんどうな作業が長期的には報われることになります。

 

 

 

まとめ

 

homepage-profile-conclusion

 

ホームページにおいてプロフィールは成約を取るためにとても重要な要素です。

 

プロフィールで手を抜くことは、以下のようなことを意味します。

 

・そもそも、自分自身が自分のアピール可能な点を棚卸しできていない(ゆえに魅力が伝わらない)

 

・お客様に魅力が伝わらず、信頼度や共感度が上がらず、つながりが深まらない(ゆえに成約が増えない)

 

・単純に商品やサービスの優劣だけで決められるため、低価格競争になる可能性がある(ここには「誰から買うか」という基準がない)

 

プロフィールを通して自分自身の魅力を伝えることは、ホームページ運営において不可欠なことなのです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。