これまでにない、挑戦を。

ホームページ集客に設計・戦略が必要な5つの理由

 

この記事では、ホームページ集客を行うにあたってなぜ設計・戦略が必要なのかについて、5つの理由をお伝えしていきます。

 

ホームページはただ作ればよいものではなく、どのような流れでお問い合わせや予約などの成約に向けて消費者を誘導するのかという計画が必要なのです。

 

この記事を通して、どのような流れや計画を持つことで集客につながるのかについて、具体的なイメージを固めていただければと思います。

 

 

最初に

 

homepage-strategy-first

 

まず、ホームページ集客の設計・戦略を立てるにあたっては、以下の段階が必要であることを把握します。

 

段階1:認知する

 

段階2:興味を持つ

 

段階3:行動する

 

この3段階から逸れることはありません。

 

まず第1段階として、どのような形であれ(検索結果や広告など)、自社のことを認知してもらう(知ってもらう・気づいてもらう)ことが不可欠です。

 

そして、ホームページを通して商品・サービスに対する理解を深めてもらい、消費者に興味・関心を抱かせるのが第2段階になります。

 

最後の第3段階は、自社に関心のある消費者をいかにお問い合わせや資料請求などのアクション(行動)につなげるかが重要です。

 

このどれかが欠ければ、ホームページ集客は苦戦を強いられることになります。

 

なぜなら、そこには消費者を最終的なアクションにつなげるまでの設計・戦略がない(イメージが描けていない)からです。

 

以下、設計・戦略が必要な5つの理由についてお伝えしていきます。

 

それぞれ、以下のような形になります。

 

・理由1及び理由2⇒【第1段階:認知する】に該当

 

・理由3及び理由4⇒【第2段階:興味を持つ】に該当

 

・理由5⇒【第3段階:行動する】に該当

 

 

 

理由1:アクセスをどのように増やすか

 

homepage-strategy-access

 

ホームページ集客を実現するためには、まずアクセスを集める(存在に気づいてもらう)必要があります。

 

ホームページにアクセスを集める方法としては、以下の5つがあります。

 

・自然検索(SEO対策を行う)

 

・広告

 

・SNS

 

・ブックマーク(ホームページをお気に入り登録してもらう)

 

・被リンク(どこかのホームページに自社のホームページが紹介される)

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

自然検索

 

自然検索からのアクセスを増やすためには、SEO対策が必要となります。

 

SEO対策は、「ホームページ 戦略」というようなキーワードで検索者(消費者)が検索したときに、ホームページを検索結果の上位に表示することで、検索者にホームページの存在を気づいてもらうことでアクセスの増加につながります。

 

検索結果の上位とは、1ページ目以内(10位以内)を指します。

 

10位以内にランクインするのが理想的ですが、最低でも2ページ目以内(20位以内)に表示されないと、なかなかアクセスは増加しません。

 

検索エンジン(google・Bing)におけるSEOの評価指標としては、以下の2つになります。

 

・被リンク

 

・コンテンツの質

 

 

被リンクとは、他のホームページに自社のホームページが紹介されることを指しますが、これに関しては自社でコントロールすることができません。

 

理由として、被リンクは次のようなものだからです。

 

・依然として被リンクはSEO対策における効果性は高いが、SEO目的の意図的な被リンクは明確に禁止されている(検索エンジン・検索者を欺く行為であるため)

 

・被リンクは、あくまで「自社のホームページを他社(他者)が紹介する」ことを前提とする(ホームページが紹介される価値のあるものである)

 

このような理由から、被リンクにおいてはコントロールすることができないのです。

 

 

そのため、あと残されている道は、もう一つの「コンテンツの質」を高めていくしかありません。

 

コンテンツとは、ホームページの内容を構成している文章・画像・動画に該当します。

 

コンテンツの質というと抽象的ですが、これは「いかに検索者が求めているホームページの内容を構築できるか」ということです。

 

検索エンジンで検索する際には、必ず「意図」があります。

 

ここでいう意図とは、以下の3つになります。

 

・購入意図:「ニキビ 化粧水 安い」などの購入に結びつきやすいキーワード検索

 

・指名意図:「Amazon」などのブランド名のキーワードを直接検索

 

・情報収集意図:「ホームページ 集客 方法」などの情報を集めて参考にするためのキーワード検索

 

SEO対策の観点からいうと、指名意図の場合はブランド名で直接検索するため必然的に検索結果の上位に表示されますが、ブランドの認知度がない限り指名意図での検索はありません。

 

そのため多くの場合は、「購入意図」・「情報収集意図」で自社のホームページに検索者はアクセスすることになります。

 

このどちらの意図においても、ホームページでは以下のことが必要です。

 

・検索者の「検索意図(なぜそのキーワードの組み合わせで検索しているのか?)」を満たすコンテンツを用意する

 

・検索意図に沿った内容のコンテンツを、丁寧にわかりやすく解説している(初心者でもよく理解できる内容)

 

最低限この2つが満たされていない独りよがりのコンテンツが、検索結果の上位に食い込むことは難しいです。

 

またせっかくホームページのアクセスが増えたとしても、検索者(消費者)が必要とする十分な情報提供がされていなければ商品は購入されませんし、検索者が求める丁寧でわかりやすい情報がなければすぐに離脱される確率が高くなります。

 

 

広告

 

ホームページにアクセスを集めるための広告の形態としては、以下の2つの方向性があります。

 

・検索連動型広告(キーワード広告)

 

・ディスプレイ広告

 

検索連動型広告(キーワード広告)とは、例えば「ホームページ 戦略」のキーワードが検索されたときに、このキーワードに対応する広告が出稿されます。

 

この場合は、あらかじめ「ホームページ 戦略」のキーワードで出稿することを設定しておき、広告から誘導するホームページの内容もキーワードに合致する内容のものを用意しておきます。

 

keyword-ad

 

対して、ディスプレイ広告とは、サイトやブログのコンテンツの間に表示される画像やアニメーション付きのものです。

 

display-ad

 

それぞれの広告の特徴としては、以下のようになります。

 

・検索連動型広告:顕在顧客の巻き取りに向いている

 

・ディスプレイ広告:潜在顧客を顕在化させることも可能

 

検索連動型広告は「キーワード」に基づいて広告を出稿するため、あらかじめ検索者のニーズ(求めているもの)が明確です。

 

一方ディスプレイ広告は、コンテンツの間や後に表示されるため、まだ自社のサービスを認知していなかったり、サービスの必要性をまだそれほど理解していない消費者に向けて訴求することを得意とします。

 

ディスプレイ広告は画像やキャッチコピーの見せ方がより魅力的であることが必要であるため(メインは潜在顧客を相手にするため)、検索連動型広告よりも難易度は高いといえます。

 

 

SNS

 

SNSでは、以下の4つを用いることがほとんどです。

 

・Facebook

 

・Instagram

 

・LINE(LINE@)

 

・twitter

 

他のSNSを使うケースもありますが、メインとなるのはこの4つです。

 

これは、「ユーザー数が多い」ことが理由です。

 

SNSはコミュニケーションツールであり、つながりを保ち・増やすことが欠かせませんが、それはSNSのユーザー数がある程度の規模に達していることが前提となります。

 

できるだけ多くのユーザーにリーチしないと(投稿が届かないと)、SNSを使用する意味がないからです。

 

 

ホームページ集客でSNSを使用する際には、まず各SNSユーザーの年齢層を把握します。

 

・Facebook:メインユーザーは30代から50代の社会人

 

・Instagram:メインユーザーは10代から30代の女性

 

・LINE(LINE@):全年齢層・男性女性問わず対応

 

・twitter:メインユーザーは10代から20代の若者

 

これはあくまでも傾向ですが、どのような年齢層がメインユーザーであるかを把握しておかなければ、ミスマッチが起こります。

 

ホームページにおけるペルソナ(理想的な想定顧客)が50代のビジネスマンなのにも関わらず、twitterを使用した場合、ペルソナにきちんと訴求できない(投稿が届かない・伝わらない)可能性が高いのです。

 

また最近では、どのSNSにおいても画像と動画の効果性が増しており、質の高い画像・動画を織り交ぜたプロモーションを行うことでより消費者とのエンゲージメント(信頼感・共感性の向上)が見込めます。

 

 

ブックマーク

 

ブックマークをする方法としては、

 

・ブラウザ(ChromeやIEなど)でブックマークする

 

・ソーシャルブックマークを利用する(はてなブックマークなど)

 

この2つが代表格となります。

 

ブックマークされるということは、訪問者から「このホームページいいな」と感じてもらえたことを意味します。

 

つまり、ホームページに「価値あるコンテンツ」を用意し、「また訪問したい」と訪問者に思ってもらう(思わせる)ことが重要となります。

 

ブックマークされることで、ホームページへの再訪が見込めるだけでなく、SEO対策にも効果を発揮します(ブックマークされることは、ホームページに対する「いいね」というようなものが増える解釈ができるため)。

 

 

被リンク

 

被リンクは、自社のホームページがどこかのホームページに「このホームページにこういうことが書いてあり、参考になるよ」というような理由で、リンクが貼られて紹介されることを指します。

 

被リンクは、いわばWeb上での自然発生的な「口コミ」に該当します。

 

SEO目的での意図的な被リンクを貼ることをしてはいけませんが、よりよいコンテンツを構築することで自然に口コミが起こる(被リンクが貼られる)ことはホームページのアクセスを増やすためにとても重要ですし、SEO対策においても大きな役割を果たします。

 

 

 

理由2:適切な見込み客を集められるか

 

homepage-strategy-webuser

 

ホームページ集客を達成するためには、

 

・アクセスしてくる訪問者の意図

 

・ホームページに用意しているコンテンツ(訪問者の検索意図に合わせる)

 

この2つを適切に合致させることが不可欠です。

 

ホームページにアクセスする方法としては、「自然検索」・「広告」・「SNS」の3つがありますが(ブックマークと被リンクは自らの意図で操作できないためここでは除外する)、この3つを使用して「どのような人」をホームページに誘導するかが重要となります。

 

自然検索(SEO対策)でいうと、「SEO対策で上位表示を狙っているキーワード」と「ホームページに用意しているコンテンツ(文章・画像・動画)」のミスマッチがよくあるケースとしてあります。

 

例えば、検索者(消費者)が「ホームページ 戦略 策定方法」と検索し、検索結果から自社のホームページを選択し訪問したにも関わらず、ホームページの内容が検索キーワードとズレている場合です。

 

このようなケースは、ホームページにアクセスが増えたとしても訪問者にすぐに離脱される可能性が高く、成約が伸びることはありません。

 

なぜなら、ホームページに「検索者が求めているコンテンツがない」からです。

 

近年では検索エンジンの技術に人口知能が導入されたことで、検索者の意図を読み取り、それと合致するコンテンツが検索結果の上位に表示されるようになっているため、自然検索(SEO対策)ではこのようなケースは少なくなってきています。

 

しかし広告を出稿する場合は(特に検索連動型広告の場合)、キーワードとコンテンツの内容の合致が求められますし、SNSにおいてもハッシュタグとの関連性はとても重要になります。

 

・ホームページに適切な訪問者を誘導できているか(どのようなキーワードでアクセスするか・どのような検索意図があるのか・訪問者は何を求めているのか)

 

・ホームページに訪問者が求めるコンテンツが適切に配置されているか(訪問者の意図・求めていることにしっかりと応えられているか)

 

この2つに注意して、ホームページのコンテンツ構築を行いましょう。

 

 

 

理由3:3C分析の必要性

 

homepage-strategy-analytics

 

ホームページのコンテンツ(内容)を構築する際に、必要な視点としては「3C」です。

 

3Cとは、以下の頭文字を取ったものです。

 

・Company(自社)

 

・Competitor(他社)

 

・Customer(消費者・顧客)

 

なぜこの3Cの視点が重要かというと、ビジネスを展開するにあたって登場するのは、この3C(自社・他社・消費者)しか存在しないからです。

 

消費者が求めるものであり(ニーズがあり)、他社よりも優位性のある商品・サービスであれば(自社に特徴があれば)、売れる確率はとても高まります。

 

・自社の特徴

 

・自社の想い(きっかけ・理念・信条)

 

・他社との優位性(何が違うのか?)

 

・消費者の悩みは何か?何を求めているのか?

 

・提供価値(消費者の何を解決するのか?)

 

・消費者の未来(購入することで消費者はどうなれるのか?)

 

このようなこと(3C)を落とし込み、意識しながら文章・画像・動画を組み合わせてホームページのコンテンツを構築していくことで、より消費者に訴求が可能な(メッセージが届く)内容になります。

 

 

 

理由4:コンテンツが伝わるか

 

homepage-strategy-transmit

 

検索者(消費者)がホームページにアクセスした後は、ホームページの内容(コンテンツ)を見て、商品・サービスに興味・関心を持ってもらう仕掛けをしていきます。

 

コンテンツが伝わらないよくあるケースとしては、以下のようなものがあります。

 

・ホームページの文章が雑で伝わらない

 

・ホームページに使用されている画像が文章とマッチしていない

 

・ホームページに盛り込まれている動画に訴求力がない(魅力が伝わらない)

 

・専門用語が多くて伝わらない

 

・コンテンツに一貫性がなく伝わらない

 

このようなケースのように、自己満足のコンテンツを用意して「はい、どうぞ」とばかりに堂々とホームページを公開していることがあります。

 

対面で接客している時にはとても丁寧に接しているにも関わらず、ホームページ上になるとアクセスしてきた消費者に対する態度がとても雑になるのです。

 

対面においては相手の状況を見ながらトーク内容を変えることが可能ですが、ホームページにおいてはあらかじめ特定のコンテンツを用意しておくことしかできません(柔軟にコンテンツを変更することは不可能です)。

 

そのため絞った特定の検索者(消費者)に向けて、気持ちに寄り添った丁寧でわかりやすく、魅力が伝わるコンテンツを用意しておくことが不可欠です。

 

消費者に関心を持ってもらうためには、

 

・一貫性があり、丁寧でわかりやすいコンテンツ

 

・気持ちに寄り添い共感されるコンテンツ

 

・画像と動画も組み合わせ視覚や聴覚に訴えかけるコンテンツ

 

これらを意識してコンテンツを構築していくことが欠かせません。

 

 

 

理由5:アクションを起こしやすいか

 

homepage-strategy-action

 

ホームページにアクセスしてきた訪問者が、自社の商品・サービスに興味・関心を持った後は、「アクションを起こしてもらう」段階になります。

 

アクションとは、主として以下のことを指します。

 

・メールでのお問い合わせ

 

・電話

 

・予約

 

・資料請求

 

訪問者にこれらのアクションを起こしてもらうためには、適切な「導線の構築」が欠かせません。

 

導線とは、アクセスしてきた訪問者をどのようにアクションにまでつなげるのかという流れのことです。

 

アクションを起こしてもらうために、アクションボタン(お問い合わせページなどにつながるボタン)をホームページ上に配置するのですが、このアクションボタンをどこに置くかがカギを握ります。

 

たとえば、サービス内容に興味を持ち問い合わせをしようと思っても、なかなかアクションボタンが見つからなければホームページから離脱されてしまうかもしれません。

 

記事などを読んで既に自社のファンになっている場合は見つかるまで探すでしょうが、そうでない場合は「まぁいいや」と思われてホームページから離脱する可能性が高まります。

 

今この記事を読んでいただいているあなたも、検索して辿り着いたホームページ上に欲しい情報がない・なかなか見当たらない場合などは、早いタイミングで違うホームページに移るのではないでしょうか?

 

それと同じことです。

 

訪問者を誘導したいアクションのボタンを、常にコンテンツ(ページ)の下に表示し、「アクションボタンを見つけやすい」ようにホームページを構築することが必要です。

 

 

 

まとめ

 

homepage-strategy-conclusion

 

ホームページで結果を出すためには、成約に向けてのイメージ(設計・戦略)が欠かせません。

 

イメージすることなく、無計画に始めても、一部分しか見えていないためなかなか結果は出ないのです。

 

まずは全体像を把握し、計画を立て、流れを具体的にイメージした上で一つ一つの作業に取り組んでいきましょう。

 

そうすることで、「アクセスのある」・「伝わる」・「アクションを起こしてもらえる」ホームページが出来上がります。

 

 

The following two tabs change content below.

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。 個人事業主に特化し、ホームページ制作及び集客、PR動画制作の事業を行っております。 「コンテンツであなたの良さを引き出し、しっかりと集客・成約につながる」ホームページ制作を行っております。 記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。 何かご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。