ホームページの成約率・反応率を上げる3ステップ

homepage-conversion-3stephomepage-conversion-3stephomepage-conversion-3stephomepage-conversion-3stephomepage-conversion-3step

この記事は、次のような方にオススメです。

・ホームページを作ってはみたが、まったくお問い合わせや予約がない方

・これからホームページを制作するが、どのようにすれば成約率・反応率を上げることができるのかを知りたい方

・業者に制作・管理を依頼しているがまったくホームページの反応がなく、どのように対処したらよいのかわからない方

何事もそうですが、結果を出すためには、まず全体を俯瞰することが必要です。

虫の目だけではなく、鳥の目で結果に向けたロードマップを把握することで、無駄なく早期に成約率・反応率を上げることができます。

そのため、この記事はホームページの反応率を上げるための全体像を把握していただくことを主とした目的としており、大切な要点を中心に構成しております。

ホームページの成約率・反応率を上げる3ステップ

conversion-3tep

それでは、反応率を上げるための3ステップについてお伝えしていきます。

ホームページの成約率・反応率を上げる3ステップは、以下のようになります。

ステップ①:ホームページに気づいてもらう

ステップ②:商品・サービスに興味を持ってもらう

ステップ③:アクションを起こしてもらう

ホームページの成約率を上げるには、この3ステップ以外の方法はありません。

以下、それぞれ解説いたします。

ステップ①:ホームページに気づいてもらう

conversion-attention

成約率・反応率を上げるための第一歩は、「ホームページに気づいてもらう」、つまり「ホームページのアクセスを増やす」ことです。

単純にアクセスが多ければいいわけではありませんが、(成約につながる見込み度の高い)アクセスがなければ、当然反応率が上がることはありません。

まずは、成約を増やすための基盤となる母数を増加させることが必要なのです。

ホームページにアクセスを増やす方法は、以下の3つがあります。

1:SEO対策

2:広告を出す

3:その他(ブックマークからの流入・SNSからの流入・被リンクからの流入)

この中で、当初メインとなるのは「SEO対策」と「広告」です。

そして、この2つにおいてとても重要となるものは「キーワード選定」となります。

SEO対策でいうと、ホームページのタイトルにどのようなキーワードを盛り込むのか。

広告においては、どのようなキーワードで検索された際に広告を出すのか。

この点が、結果を出すためにとても大切な要素となります。

たとえば、大阪の梅田にある美容院がホームページを開設するとします。

この場合は、必ずホームページのタイトルに「梅田」・「美容院」の2つのキーワードを盛り込む必要があります。

なぜなら、お客様となりえる方は美容院を探す際に「梅田 美容院」と検索する可能性が極めて高いからです。

間違っても、お店の名前だけをホームページのタイトルに盛り込んではいけません。

すでに認知されていれば別ですが、初めはお店の名前で直接検索する方はあまりいないからです。

これは広告を出す場合にも同様であり、検索連動型広告では検索キーワードをあらかじめ選択して広告を出せるため、「梅田 美容院」と検索された際に広告を出す設定を行う必要があります。

キーワードの組み合わせとしては、基本的に以下の2通りがあります。

1:「地名 + サービス名」

この組み合わせでは、たとえば、

「大阪 弁護士」

「梅田 鍼灸院」

「天六 焼き肉店」

このようにします。

この組み合わせは、店舗型ビジネスの場合に使用されます。

なぜなら、店舗型ビジネスの場合は「地名 + サービス名」で検索されることが圧倒的に多いからです。

2:「サービス名 + 成約に近いキーワード」

次の2つのキーワードの組み合わせのうち、どちらが成約に近いでしょうか?

A:会社設立 方法

B:会社設立 代行

答えは、「B」です。

理由は、「会社設立 方法」の組み合わせは検索者が自分自身で会社設立をする可能も大いにありますが、「会社設立 代行」の組み合わせの場合は「会社設立を依頼したい」という方が圧倒的に多いと見込まれるためです。

成約に近いキーワードになるほど、競合が多くなるのは事実ですが、成約に遠いキーワードになるほどアクセスに対するコンバージョン率(成約率)は下がります。

そのため、ホームページのタイトル及び広告を出す際に設定するキーワードは成約に近いキーワードを盛り込み、成約に遠いキーワードはコンテンツマーケティング(ブログ記事)で用いてアクセスを増やすようにします。

キーワード選定方法の詳細は、別の記事で書いておりますので、以下の記事をご参照ください。

SEOキーワードの選定方法と集客数の関係

ロングテールキーワードの戦略・見つけ方・検索数の調査方法

ステップ②:商品・サービスに興味を持ってもらう

conversion-like

ステップ②では、ホームページにアクセスしてきた方に自社の商品・サービスをアピールすることが必要となります。

アピールしなければ、ホームページの訪問者(消費者)が商品・サービスに興味を持つことなどまずありません。

よく、ホームページを作成し、会社説明のパンフレットやカタログのようにただ自社の情報を掲載すれば反応があると勘違いされている場合が多いですが、それは大きな誤解です。

ホームページで成約率を上げるためには、訪問者に「セールスをかける」ことが必要となります。

「セールスをかける」とはどういうことかというと、相手に商品・サービスを購入することによる「メリット」・「ベネフィット」・「自社を選ぶ理由」などを適切にわかりやすく訴求する必要があるということです。

ただ自社の情報だけを掲載しているホームページは、このような要素が一切なく「選ぶ理由がない」ため反応が得られないのです。

どのようなコンテンツ(内容)をホームページに盛り込むことで成約率・反応率が上がるのかについては、以下の記事をご参照ください。

成約・申込の取れるホームページの構成要素【完全版】

ステップ③:アクションを起こしてもらう

conversion-action

ホームページの訪問者に商品・サービスに興味を持ってもらった後は、最終的なアクションにつなげることが重要です。

ここでいうアクションとは、以下のようなものを指します。

・お問い合わせ(メール)

・お問い合わせ(電話)

・予約

・資料請求

・メールマガジン登録

このようなアクションを取ってもらうことで、初めて成約が発生します(成約につながっていきます)。

アクションを起こしてもらうためにやるべきことは、以下の3つです。

・取ってほしいアクションのボタンを、わかりやすく見えやすい位置に配置する(訪問者を迷わせない)

・メールでの問い合わせ項目などは、シンプルにする(入力が煩わしいとやめてしまう可能性がある)

・導線の明確化(アクション完了までの流れを明確かつシンプルにする)

このような点を意識することで、せっかく興味を持ったお客様を取りこぼすことなく、成約にまでつながることができます。

まとめ

conversion-summary

ホームページの集客でやるべきことは、次の3つです。

①ホームページのアクセスを増やす

②訪問者に興味を持ってもらう

③取りこぼすことなく最終的なアクションにつなげる

手順としてはシンプルであり、ホームページ集客でやるべきことは明確です。

しかし、「シンプル = すぐに結果が出る」わけではありません。

ホームページで成約率・反応率を上げるためには、自社・競合・お客様の棚卸しをしっかりと行った上で、訪問者(消費者)に刺さる訴求をしなければなりません。

ホームページは「作ったら終わり」ではなく、作ってからのPDCAがとても大切となります。

継続的な改善をしながら、反応率・成約率を上げていきましょう。

この記事を書いた人

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。

成約率にこだわったホームページ制作を行っております。

記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。

関連記事

  1. homepage-sole-proprietorship-firststep-guide1

    個人事業主でこれからホームページを作成する人向けのガイド

  2. homepage-profile

    ホームページにおけるプロフィール・自己紹介の書き方

  3. marketing-content0328

    コンテンツマーケティングに適した文字数と記事数

  4. homepage-marketing-necessary-3point1

    ホームページマーケティングに欠かせない3つのポイント

  5. homepage-improvement-conversionup-step3

    ホームページを改善し、成約率を伸ばす2ステップ

  6. homepage-marketing-important-principle2

    ホームページでマーケティングする際の3つの重要な原則

  7. homepage-seo-mistage4

    初心者がSEO対策でよくやる4つの間違い

  8. soleproprietorship-homepage-include-contents5

    個人事業主のホームページに必ず入れるべき5つのコンテンツ

  9. soleproprietorship-homepage-recommend-5reason6

    個人事業主のHP制作にwordpressをオススメする5つの理由

この記事を書いた人

坂本元来

NODL365の代表をしております、坂本元来と申します。

成約率にこだわったホームページ制作を行っております。

記事を通して、どなたかのお役に立てれば幸いです。

人気記事

  1. Whiteboardphoto
  2. homepage-profile
  3. wordpress-ameba-different2
  4. homepage-blog-different
  5. homepagevideomarketing
  6. homepage-element1
  7. homepage-marketing-important-principle2
  8. instagramlive2
  9. homepage-soleproprietorship-needs1
  10. homepage-noeffect-reason1
  11. soleproprietorship-selfbranding-5step2
  12. homepage-improvement-conversionup-step3
  13. conversionup
  14. contentmarketing-success-lead-6step2
  15. homepage-sole-proprietorship-firststep-guide1
PAGE TOP